【秋イベント】関東の花火大会特集!秋花火の魅力とイベントまとめ

スポンサードリンク

みなさんは、今年の秋はどこへ出掛けますか?

秋といえば”芸術の秋”や”スポーツの秋”、そして”実りの秋”をよく連想されます。そのなかでも、やはり秋といえば「芸術の秋」がいちばんしっくりくるのではないでしょうか。

ということで、今回は芸術の秋にふさわしい”秋のこの時期に開催される秋花火”についてご紹介します。

夏の花火にくらべると、すこし肌寒い季節に開催されるものが多く、意外と人気の”秋花火”。

その魅力とおすすめの秋花火イベントをご紹介します。

秋の花火の魅力、芸術の秋こそ花火でしょ!

まずは秋の花火大会がおすすめな理由を”3つだけ”ご紹介します。

今からご紹介する魅力の他にも、さまざまな良さが秋花火にはあります。

もしこの記事で興味を持ったかたは、ぜひ、秋花火に足を運んでみてはいかがでしょうか。

秋花火がおすすめな理由、3選

秋花火がおすすめな理由は、以下の”3点がおすすめ”だからです。

暑くない

虫が少ない

トイレに行く回数が少なくすむ

秋花火の魅力はこの他にもたくさんありますが、”個人的にいいな”と思う理由をピックアップしてみました。

暑くない

やはり、”涼しい”というのが最大の魅力でしょう。熱中症も気にしないでいいので、荷物が少なくすみます。また、女性がもっとも気を付けている”お化粧”も汗をかきにくいので、化粧室に入る回数も少なくすみます。

虫が少ない

夏のイベントで気になるのが”虫”の存在です。

蚊やアブ・蜂などの虫は、夏になるとより活動的になります。とくに蚊には悩まされますよね。花火がよく見える場所は、無料だと公園や河川敷などが多いですから、蚊に刺されやすくなります。

秋花火の魅力は”虫問題が解決する”というのもおすすめポイントです。

私は蚊が嫌いなのでそれだけで、うれしいです。

トイレに行く回数が少なくすむ

夏の花火大会では暑いので水分補給もこまめに取るようになり、トイレが近くなります。

熱中症対策としては最善の策ですが、最大のデメリットがこの”トイレが近くなる”という点ですよね。

人がたくさん集まるイベントでは”トイレを利用する”だけでも大変です。

とくに女性はそう感じる人も多いはずです。あの長蛇の列を見るたびにそう感じます。

秋花火が開催される時期は9月後半や10月が多いですので、涼しいです。

暑くないので水分補給も少なくすみ、トイレに行く回数も減ります。トイレ待ちほど辛いものはないので、これも秋花火のメリットです。

スポンサードリンク

もし記事が気にって頂けましたらシェアして頂けると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です