秋元優里アナの元彼は?もしかして離婚するかも気になる別居の理由は

3

生田斗真さんの弟さんである、生田竜聖アナと別居中だと報道された秋元優里アナですが、なんと生田竜聖アナよりも秋元アナの方が離婚願望が強いそうです。

今回は、秋元優里アナにスポットを当てたいと思います。

具体的な内容としては、過去の恋愛遍歴と離婚するかもしれない状況に陥ってしまった別居理由についてまとめてみたいと思います。

秋元優里アナの元彼について

秋元優里アナは2012年に半年という短い交際期間で、生田竜聖アナと結婚しました。

そして翌年7月には長女を生んでいます。

結婚の決め手となったのが、どうやらデキ婚のようです。会社や両親からもかなり反対されたようですが、わずか4年で離婚の危機とは、人生なかなかうまくいかないものですね。

と話がそれましたが、秋元優里アナの元カレについて調べてみました。

すると、生田アナとお付き合いされる前に、熱愛報道があったようです。そして、そのお相手というのがまたしても同局内のアナウンサー。

気になる元彼ですが、「青井実アナ」のようなんです。

2

出典:MARBLEより

フジテレビの向井理と言われるほど、爽やかなイケメンアナウンサーです。

青井アナに生田アナ。秋元優里アナはかなりのイケメン好きのようですね。たしかに、育ちもお嬢様で容姿端麗ですのでモテないはずがないですので、男性としてもこんな素敵な女性が身近にいたら、「食事にくらい誘いたい」という気持ちになるでしょう。

秋元優里アナ離婚の危機!気になる別居理由は?

考える人

別居の理由として有力な説が2つあります。

ひとつは「生田竜聖アナ不倫説」そしてもう一つが「秋元優里アナ不倫説」です。

一つずつ見ていきましょう。

生田竜聖アナ不倫説

こちらは生田竜聖アナが不倫しているのが原因ではないのか?という説。生田アナが結婚した当初は24歳。一方、お相手である秋元アナは29歳とアラサー目前でした。

生田アナからすると「もう少し恋愛を楽しんでから結婚したい」という気持ちが少なからずあったのではないか?なんて囁かれています。

この説に関してですが、個人的には信ぴょう性に欠けると思います。

というのも生田アナは見た目もそうですが、性格もかなり穏やかそうで「まじめ」なイメージを持てます。

ネット上でも悪い噂などは見当たらず、また、お子さんもまだ小さいですので愛人を作るようなことはしないと思います。

また、生田アナはフジテレビ内のブログでこう綴っています。

「目に入れても痛くないということわざ、今まで信じていませんでしたが、真実でした。自分自身も生まれ変わったつもりで、精進して参ります」

引用元:デイリースポーツより

 
 
こちらはお子さんが生まれた当初のコメントです。
 
このコメントは本心だと思います。果たして、ここまで決意した男がたった3~4年で考えを変えるでしょうか。ましてや、お兄さんのことを隠してまで、入社試験に臨む人間性を持ち合わせた人物です。
 
個人的には、この説は違う気がします。
 

秋元優里アナ不倫説

こちらは秋元優里アナが不倫しているという説です。お相手は結婚当初から二股疑惑で騒がれていた同局内のプロデューサーとのことです。

この説についても個人的には信頼できないと感じています。

理由としては、この説も噂レベルに過ぎないからです。お相手の詳細な情報も挙がっておらず、また、この情報のでどころも定かではありません。

この手の噂話はよくある話で、そして毎回、プロデューサーとかの名前が挙げられています。

個人的には鵜呑みにはできないですね。

 

では、いったい何が原因なのでしょう。

性格の不一致説

あああ

個人的には、こちらの説が「有力なのではないか」そう感じています。

生田アナの性格はどちらかとえば、穏やかタイプなのではないでしょうか。起伏の激しいタイプには見えません。一方、秋元優里アナは「性格がきついとのではないか?」なんてネット上では言われています。

また、秋元アナの方が年上ですので、家庭内での立場はもしかすると生田アナより上だった可能性があります。

年収も生田アナよりも高いはずですし、そういった面からも家庭内での優位性があったのかもしれません。

 

家事や洗濯なんかも生田アナの方が多く担当していた可能性もあります。

ただし、こちらはあくまで推測に過ぎません。秋元アナは、世間のイメージは生田アナより確実に悪いですし、「性格がきつい」のような噂も立ちやすいはずです。

 

性格が”あう、あわない”は実際に同棲してみないとわからないことですし、生田アナと秋元アナにはその時間があまりにも短すぎたのでしょう。

カップルや夫婦の破局理由に、性格の不一致は上位にランクインします。

今回の場合だと、スピード婚でしたので確実にその時間はなかったのだと考えられます。

 

個人的にはこの説がいちばん納得しました。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回の別居報道は、考えさせられる点がたくさんありました。

やはりパートナー選びというのは「急いで選ぶものではない」というのが教訓ではないでしょうか。

また、別居の真相については公式発表がないですので、真相はわかりません。あくまで推測です。

 

離婚されることになれば、双方から正式に発表されることでしょう。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

  • “京都の紅葉2016”おすすめの時期や見ごろ、アクセスまとめ

スポンサードリンク

3

もしブログの内容を気にって頂けましたらRSSリーダー

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です