ロバート秋山のウソ枠 時江田佑(祐)とは?SPMが変える未来!?

スポンサードリンク

「食材たちや野菜が聞いてくれていると思って曲を作る」

出典元:ロバート秋山のウソ枠 番組内「時江田佑氏の発言より」

SPMとは、「スーパーマーケットで流れるBGM」の略称で、時江田佑さんはそのSPMの可能性について誰よりも理解している人物だ。

消費者の購買意識を刺激するために、様々な広告やキャッチコピーが考えられてきた。

だが、そのほとんどが視覚情報だけに囚われたものである。もちろん、音の可能性も散々研究されてきた。しかし、その手法はCMやアニメ、映画などでは活用されるが、スーパーマーケットでは誰も取り組んでこなかった。

その結果、商圏内に大型ショッピングモールが出来た瞬間、廃業に追い込まれるスーパーは後を絶たない。

今にもスーパーマーケットが「その歴史に幕を閉じてしまう」そんな由々しき事態に立ち上がった人物が、時江田佑さんだ。

 

今回の依頼先も近くにライバルスーパーが出来たことで、頭を悩ませていた。

時江田佑さんが店内を確認すると、接客や取扱い商品については「文句なし」と太鼓判を押すものの、やはりBGMに問題があると指摘した。

廃業寸前に追い込まれたスーパーマーケットに足りなかったものは、BGMだったのだ。彼が去った後の売上が5倍にまで増加している結果が物語っている。

 

そして、彼が今回、手がけた新曲「SASHIMI」をBGMに変更した瞬間、お客さんの反応が明らかに変わっていた。その変化について検証してみると、驚くべきことが判明したのである。

「お客さんの体温と店内温度が上昇している」

彼が手がけるSPMには、体に訴えかける何かがあるようだ。

 

 

そんな彼のプロフィール情報は謎に包まれている。

今年で50歳であることから、1968年生まれということがわかる。

昭和43年に彼が誕生してから、「これまでどんなことをしてきたのか?」「結婚はしているのか?」「なぜSPMに注目したのか?」など、テレビや新聞などを始めとするメディアの前では、一度も語っていない。

唯一、その素顔に迫った番組が、日本テレビ「ネクストブレイク」のロバート秋山のウソ枠なのだ。

【ロバート秋山のウソ枠】SPM、時江田佑(祐)の設定を考察

ロバート秋山さんが演じている架空の人物のプロフィール情報はこれまでほとんど、公開されていない。

ということで、その基本情報を考察してみたい。

 

まずは、SPMとは一般的にどんな職業に分類されるのか?考えてみた。

SPMとはスーパーマーケットのBGMを手がける仕事だ。コンサルタントにも近いが、おそらく「サウンドクリエイター」が最も近い職業ではないだろうか。

サウンドクリエイターとは、主にBGMや効果音などを手がけるものづくりのプロである。

「これまでになかった音楽を創造し、スーパーマーケットに合った雰囲気を演出する。」

両者ともに「新しいものを作り上げる」という点で共通点があり、一番、近い職業だと感じた。

ということで、SPMとは、サウンドクリエイターの1種であると考える。

 

次に出身地や血液型についてだが、これに関しては番組内で語られないと明らかにならないが、個人的には秋山さん本人と同じなのではないかと考える。

ちなみにロバート秋山さんの出身地は、福岡県北九州市門司区出身であり、血液型はB型だ。

「温厚な性格、柔軟な発想力、感受性豊か」

クリエイターに必要な素質の2つをB型の人は持っていると言われている。そういったことを含めると、もし血液型を当てはめるなら、B型を選ぶのではないかと考えた。

果たして、本当はどうだろうか。

【ロバート秋山のウソ枠】第三弾への布石

番組のエンディングでは、秋山さんが第三弾について、少しだけ語っていた。

どうやら次回の架空の人物は「電子レンジを作るプロ」という、またもやマニアックなチョイスだった。

まだ構想段階なため、このアイデアが実現されるかは分からないが、個人的にはまたやってくれるのではないかと期待している。

まとめ

いかがだっただろうか。ロバート秋山さんはお笑い芸人をされる前は、俳優をされている。その経験が現在の個性的なキャラクターを演じることに活かされている。

読者の皆様も、今やっていることを今一度、真剣に取り組まれてはどうだろう。

きっと、あなたの人生に役立つはずだ。

 

関連記事「ロバート秋山のウソ枠 第一弾のネタは大場波之助!気になる役柄は?」

アイキャッチ画像の出典元:日本テレビ公式ホームページより

スポンサードリンク

▶関連記事はこちら

もし記事が気にって頂けましたらシェアして頂けると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です