青山浩之のプロフィールや経歴は?美文字のコツや練習法の秘密も調査

スポンサードリンク

人は昔から絵を描いたり、文章を考えたり、歌を歌ったりと様々な方法で自分の考え方や思いを表現してきた。その中には「字」そのものに注目して表現している人たちもいる。今回の主人公はそんな美文字の美しさや大切さをより多くの人に知ってもらうことを目的として日本中を駆け巡る一人の男性。青山浩之さんについてご紹介したい。

具体的には青山浩之さんのプロフィール情報やこれまでの経歴などの彼についての情報や彼が真剣に取り組んでいる研究「美文字」のコツやその練習法について記事を書いていきたい。

ライターは文章という表現方法で自分の考えや思いを表現するが、美文字研究家は字そのもので世界に訴えている。字の美しさを追求している彼の人生を少し覗いてみよう。

青山浩之のプロフィールや経歴について

まずは彼がどんな経緯で美文字研究家という道を選んだのか調べてみた。

彼の本職は教授職である。愛知県出身の49歳で(2017年現在)1968年生まれのようだ。現在は横浜国立大学の教授として、字の素晴らしさを教えれるような教員の指導・育成などをおこなっており、また、字を通じての教育(書写書道教育)をより良い学問とするために、日々、美文字を研究している。

彼の経歴を調べてみると1990年に東京学芸大学教育学部を卒業した後、そのまま大学院に進み、字を通じての教育学を本格的に研究し始めたようだ。ちなみに彼が美文字の研究を本格的に始めるようになったきっかけは大学時代にあり、その時の経験が今の彼を作り出している。1992年に学習院高等科の非常勤講師として働き始め、以降、様々な大学で書写書道教育の研究を行ってきた。そして、2000年に横浜国立大学で教官として働き始めている。

ちなみに彼が教授になったのは2014年のようで、彼主体で研究を行えるようになったのは割りと最近のようだ。

では、彼の美文字のルーツである大学時代について調べてみよう。

スポンサードリンク

▶関連記事はこちら

もし記事が気にって頂けましたらシェアして頂けると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です