青山浩之のプロフィールや経歴は?美文字のコツや練習法の秘密も調査

スポンサードリンク

青山浩之の大学時代について

彼が文字に興味を持ち始めたのは小学生の頃だが、字に対する考え方に大きな影響を及ぼしたのは、今からご紹介する大学時代の経験が大きいようだ。

小学校1年生の頃から近所の書道教室に通い、大学に通う以前の彼は「美文字に対する考え方」が今とは少し違ったという。それまでの彼は、美文字とは私達が考えているような「美しい字」のことを指していたようだが、大学に通うと周りの書に対する考え方に驚いたようだ。

彼が通っていた科は書道を教える教員を育てるコースで、そこに通っていた同級生たちは皆、書に対する独自の考え方を持っていた。そこで彼は自身の書に対する考え方を改め、美文字に対する答えを彼は大学時代をかけて探していった。そして、ある一つの答えにたどり着く。それが現在も彼が提唱する美文字の考え方だ。

青山浩之の美文字の哲学とは?

手本のような字を書くことではありません。人に読みやすく、伝わりやすい字を書くこと。

引用元:市政だより おかざき 2014年3月1日号より

彼が提唱する美文字とは、思いやりのある字のことだという。思いやりのある字とは、相手のことをよく思って「どうしたら読みやすいだろう」とか「どうしたら伝わりやすいだろう」と考えて書く字のこと。つまりは、上記、引用文のような字こそ、青山さんが思う美文字のようだ。

では、美しい文字(美文字)を書くコツは無いのだろうか?

するとある3つの原則を守れば、あなたの字はかなりキレイになるようだ。ではその3つの原則をご紹介しよう。

青山浩之が教える美文字のコツや練習方法について

青山さんによると、3つのポイントを意識するだけで美文字に近づけるそうだ。その3原則は以下の3つである。

  • 文字の中心を意識する(中心線串刺し法)
  • 文字の隙間を均等に揃える(すきま均等法)
  • 「ひらがな」は小さく書く

中心線串刺し法

出典元:日経 women Onlineより

中心線串刺し法とは、上記画像のように文字の大きさを揃えて、字の中心を串刺したように並べる方法。文字の大きさと中心を揃える練習をするだけでもあなたの字はキレイになるという。

すきま均等法

出典元:日経 women Onlineより

すきま均等法とは、上記画像のように文字のすきまの大きさを均等に揃える方法。文字の隙間を均等にすることで、字のバランスが良くなり、美文字にまた一歩近づくことができる。

ひらがなを小さく書く

出典元:日経 women Onlineより

最後は「ひらがなを小さく書く」という方法。ひらがなと漢字の大きさを変えることでより、バランスの良い美文字がかけるようになるようだ。

まとめ

いかがだっただろうか。今回は、美文字の第一人者である「青山浩之」さんについてご紹介してきた。本当に美しい文字とは、相手のことをよく考えて「読みやすさや伝わりやすさ」を意識した文字だと彼は言う。これからも美文字の素晴らしさをより多くの人に広めて、自分の字にコンプレックスを感じている人を救っていくことだろう。

アイキャッチ画像の出典元:ヤフーページ:青山浩之より

スポンサードリンク

▶関連記事はこちら

もし記事が気にって頂けましたらシェアして頂けると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です