お酒好き必見!ビールや発泡酒などを激安で買う方法、教えます。

スポンサードリンク

2017年6月より酒税法が改定され、スーパーなどをはじめとする量販店では、「激安」を売りにすることができなくなり、お酒を嗜む読者の皆様もお困りではないだろうか。

私自信、週に2日ほど晩酌するが、それくらいの頻度でも今回の改定はかなりの痛手に思っている。

それから「少しでもビールを安く買う方法はないのか?」と探し続け、ある答えにたどり着いた。この方法なら、会社の花見や定例行事のバーベキュー大会用としても利用できる。

 

以前、勤めていた会社では、Amazonや楽天市場などを利用することが難しかったが、そういった場合にも利用できる方法なので、ぜひ、参考にしてみてはいかがだろうか。

もちろん、すべての読者に使える方法か?といえば、難しい。だが、それでも限りなく多くの方が利用できる方法だ。

意外と知らない、ビールや発泡酒を格安で手に入れる方法

2017年6月より改定された酒税法の影響で、近所のスーパーが軒並み、ビールや発泡酒などのお酒類の値上げを実施した。

酒屋を守るための法改定だが、納得のいかない人が続出している。

それもそのはず。これまで安く飲めていたビールや発泡酒が、激安を謳うどのスーパーでも値上げをおこなっていて、事実上、お店で買える安いお酒は無くなってしまったからである。

 

たしかにネットで買えば済む話かもしれない。だが、ネットだと今度は送料がもったいないと感じる。

そして、350mlx24本入りの「アサヒ スーパードライ」が、お店で買うより安いが、それでも4,000円を切ることは無い。そう考えると、スーパーで買うのと変わらなくなってしまう。

以前なら3,000円台で買えるスーパーもよく見かけたが、今はほとんど見かけなくなった。

 

だが、諦めるのはまだ早い。読者の皆様には、この方法で安くお酒を手に入れてほしい。私もこの方法で、日々の晩酌代を少なく抑えている。

もちろん、私達、消費者側には何のリスクもない、至って普通な方法である。その方法とは、あるお店を利用すること。

スポンサードリンク

▶関連記事はこちら

もし記事が気にって頂けましたらシェアして頂けると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です