C型肝炎治療薬の偽薬を販売していた店(薬局チェーン店)はどこ?

スポンサードリンク

2017年が始まって17日が経過しましたが、今年もなかなかハードな一年になりそうです。

yahoo!ニュースがとんでもない事件を報道しました。

厚生労働省は17日、C型肝炎治療の飲み薬「ハーボニー配合錠」の偽造品が奈良県内の調剤薬局で見つかったと発表した。

偽造品が入ったボトルは正規品で、流通過程で中身がすり替えられていたとみられ、全国に出回っている可能性がある。

同省とともに記者会見した製造販売元のギリアド・サイエンシズ(東京都)は、商標法違反容疑などで告訴を検討していることを明らかにした。

引用元:yahoo!ニュースより

このニュースによると、奈良県市内にお店を構えている「とある薬局チェーン店」で販売していたC型肝炎治療薬「ハーボニー配合錠」のニセモノがみつかったようです。

同薬局チェーン店から購入した薬を飲もうとした際、購入者が違和感を感じて正規品と見比べたことで「ニセモノではないのか?」と気づいたそうです。

また、報道によると同薬局チェーン店内で偽造薬が5つも発見され、現在は調査中とのこと。

 

ということで今回は、偽造C型肝炎治療薬が見つかった薬局チェーン店について考察してみようと思います。

関連記事

サン薬局の偽薬はどこの店舗で見つかったのか?お店の評判も調べた

C型肝炎治療薬のニセモノを販売していた店(薬局チェーン店)はどこ? 考察してみた

ホワイトボードの顔

現在、さまざまな報道機関がこのニュースについて取り上げていますが、販売していた薬局チェーン店については情報を明かしていません。

おそらく複雑な事情があるのだと考えられますが、消費者という立場からすると情報公開してもらわないと不安でもあります。

正直、この薬局チェーン店での「薬の購入は避けたい」というのが本音でしょう。

このニュースをみた人のほとんどの意見が「同意見なのではないか?」と考えています。

では、現在わかっている情報をまとめてみましょう。

 

現在わかっている情報は・・・

  • 奈良県内の薬局チェーン店
  • チェーン店の本社や他の支店でも同じ偽造薬がみつかる

という情報がわかっています。調べたところによると、奈良市内にはドラッグストアチェーンと調剤薬局チェーンが37店舗あるようです。

 

そして、「奈良県警がすぐに動くことができている」ということを考えると、「本社も奈良県内にある可能性がある」そう睨んでいます。

まず、奈良県市内で見かけるチェーン店をざっと並べてみるとこんな感じ。

  • ドラックストア ユタカ
  • サン薬局
  • キリン堂
  • ダイコク薬局
  • ファーマシー木のうた
  • エムズドラッグ
  • ウエルシア
  • マツモトキヨシ

こんなところでしょうか。このほかにもありますが、少なくとも3店舗以上チェーン店を構えているお店であることは間違いないですので、おそらくこの中のどれかの薬局チェーン店だと考えられます。

そして、本社も奈良県にある薬局チェーン店・・・。

 

ここまで絞るとおおよそ検討がつくのではないでしょうか。

おそらくあのチェーン店でしょう。残念ながらこれ以上は記載できませんが、少なくとも、この情報を頼りにネットで調べると答えはわかるはずです。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は、偽造薬局チェーン店についての考察記事を書きました。

現状、あやしいお店の手がかりとなるのが、「本社が奈良県内」「店舗が3つ以上ある大型チェーン店」ではないかと個人的には考えています。

そのうち、各報道機関によるお店の情報開示がされると思います。薬という取り扱いに細心の注意を払わなくてはいけないものですので、みなさんも十分お気をつけください。

関連記事

サン薬局の偽薬はどこの店舗で見つかったのか?お店の評判も調べた

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

  • 【ポケモンGO】関連記事まとめ

スポンサードリンク

もし記事が気にって頂けましたらシェアして頂けると嬉しいです!

4 件のコメント

    • >ななしさん
      情報提供ありがとうございます!どうやら日テレのスッキリで薬局名が公開されたようですね。
      もう大手だからといって安心できないですね。今のところ、サン薬局に動きはないので、今後、どう動くかが気になります。

  • サン薬局でしたね。
    奈良県最大の広域チェーン薬局ですよ。
    とりあえず安い業者から買って差益を稼ぐんでしょうね。
    他の薬剤は大丈夫なんでしょうか…

    • >名無しさん
      調べた情報によると、正規品を仕入れて安く販売する業者、現金問屋という業者自体は違法でなく合法のようです。
      ただし、許認可されている業者でないと違法になるようです。
      ツイッター情報になるので、信ぴょう性に欠けますが、こういう業者を利用している薬局店はめずらしくないようです。

      そして、このハーボニー配合錠の他にも「高価で需要がある薬」たとえば、ED治療薬やAGA治療薬などでも偽薬の流通が確認されているようです。
      完全に防ぐことはできないにしろ、特殊な薬は、ネットや薬局チェーン店ではなく、ちゃんと病院で処方されたものを利用するのが安全かもしれません。

      コメントありがとうございます!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です