遠藤優介(遠藤商事)サッカーやボクシングとは?評判や経歴を調査

スポンサードリンク

しかし、そんな彼にも転機がおとずれます。まだお寺にお世話になっていた頃のできごとの話です。

遠藤優介(遠藤商事)サッカーとボクシングの謎について

経歴の続きになりますが、実は遠藤さんはサッカーとボクシングを経験されています。

小学校3年生のときに友人のお父さんがコーチをされていたクラブチームに誘われます。

そのチームは200人ほど在籍しており、1軍から10軍まであったというから、強豪チームだったことが伺えます。

当時の状況をこのように語られていました。

才能を見込まれた? いえいえ、たぶんそういうことではなく、私の事情を鵜飼から聞いて不憫に思ったのでしょう。

チームに入れば弁当も支給されるんです。

私もそれに甘えて、残った弁当を10箱持って帰ったこともありました(笑)。練習もぜんぜんしないほうでした。

周りの選手とは違って、練習ばかりしているわけにはいかなかったからです。ご飯が食べられる、それだけで、私は満足していました。

引用元:【飲食の戦士たち~プロフェッショナルたちの仕事(じんせい)論】in-職hyper(いんしょくハイパー)特別コラム 第340回 株式会社遠藤商事 代表取締役 遠藤優介氏 より

当時はお弁当目当てにクラブに通われていたようです。

文中に登場する「鵜飼」とは、さきほどご紹介したコーチの息子さんで、遠藤さんのご友人の一人でもあります。

はじめは当然10軍(最下層)からのスタートだったようで、それでも回りにいたメンバーはサッカーがとても上手な選手ばかりだったといいます。

練習時間は1日数時間ほどできたようですが、他のメンバーと比べると全然少なかったようですね。

 

たしかに、クラブチームに所属するほどの実力を兼ね備えたメンバーですから、当然練習量も凄まじい量をこなしていたことが予想されます。

それに比べると少ない練習量だったのでしょう。

しかし、そのチームに所属してから半年もたたずに、1軍メンバーに昇格します。その後は、才能が開花し、Jリーグからもオファーの声がかかるほどの実力に成長されています。

そして、13歳という年齢でイタリアリーグのセリエAからオファーがかかり、三年契約を組まれています。

ですが、世界の壁はおおきく、契約更新はされませんでした。

しかし、その後二度目の転機がおとずれます。それが500円ピザの「ナポリス」の由来になったのだと考えられますが、18歳までイタリアで行き着けだったピザ屋さんでコックとして働いていました。

スポンサードリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

もし記事が気にって頂けましたらシェアして頂けると嬉しいです!

2 件のコメント

  • こんな経歴詐称だらけの人をよく紹介できますね。たいして裏ドリもせず、、
    同級生や幼馴染に話聞いてウラ掴んでからメディアも書くべきだと思う。ボクシングの件なんて協会に調査入れたらすぐわかるだろうに、、段ボールに入れて捨てられていた?昔から親も兄弟もいますけどー

    • けいちゅうさん
      コメントありがとうございます!
      まさにおっしゃるとおりです。今後も記事内容に誤りがあればコメント頂けると幸いです。

      まさか経歴詐称だったとは・・・。
      記事内容はすぐに修正しておきます。貴重な情報ありがとうございました!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です