ガトリン(陸上)経歴やタイムは?気になる子供や結婚情報について

スポンサードリンク

今年の陸上世界選手権は熱いものとなったようです。

あの超人類とまで言われていたウサイン・ボルト選手が敗れたと報道されました。

これにより、ウサイン・ボルト選手の陸上世界選手権大会の三冠は阻止されています。

 

そして、見事このレースを制したのは、アメリカ代表として出場していたジャスティン・ガトリン選手という人物。

今回はこのジャスティン・ガトリン選手について記事を書いていこうと思います。

 

内容としては、主にこれまでの経歴や結婚情報などのプライベートな情報を中心に記事を書いていこうと思います。

それではさっそく記事を書いていきましょう。

ジャスティン・ガトリン(陸上)選手の経歴やプロフィールについて

まずは簡単にジャスティン・ガトリン選手について情報をまとめてみました。

  • 名前:ジャスティン・ガトリン
  • 生年月日:1982年2月10日
  • 国籍:アメリカ合衆国
  • 身長:185cm
  • メダル獲得歴:アテネオリンピック金メダル獲得

2010年7月下旬、ドーピングによる資格停止が解除され、同年8月3日、エストニアでの小規模な国際大会で復帰。100mに出場し、10秒24で優勝した。

2012年6月24日、全米オリンピックトライアルの100mに出場。9秒80で優勝し、同種目のオリンピック米国代表に内定した。

2012年8月5日、ロンドンオリンピック男子100m決勝で9秒79で自己新記録を更新し、銅メダルを獲得した。4×100mリレーでも銀メダルを獲得したが、タイソン・ゲイのドーピング違反により後に剥奪された。

2013年8月11日、世界陸上モスクワ大会、男子100m決勝で9秒85で銀メダル獲得。世界選手権のメダル獲得は実に8年ぶり。 

2014年5月31日、ダイヤモンドリーグ・ユージーン大会で9秒76(+2.7)を記録し、優勝した[2]

2014年9月5日に行われたダイアモンドリーグにおける男子100m決勝にて自己ベストとなる9秒77を記録して優勝。

2015年5月15日に行われたカタールスーパーグランプリ男子100m決勝では9秒74を記録し、33歳にして自己新記録を更新した。

引用元:ウィキペディアより

ジャスティン・ガトリン選手は米国国籍のようで、陸上世界選手権大会でもアメリカ代表として、100mに出場されていました。

年齢は1982年2月10日生まれですので、現在は35歳なんだとか。

世界大会に出場する陸上選手で30代というのはかなり珍しく、10代・20代を相手に決勝へとコマを進めることのできる実力に驚きを隠せません。

あのウサイン・ボルト選手でさえ、30歳という節目の年を迎えられ、今年で引退を表明されていますので、35歳で100m優勝のスゴさが改めて実感できます。

身長は185cmと高身長ながら、ピッチがかなり速い選手でもあります。

 

ちなみにボルト選手との身長差はちょうど10cmのようですね。

このジャスティン・ガトリン選手ですが、その実力は折り紙つきで、2015年に100mと200m共に世界ランキング1位に君臨している選手なんです。

当時33歳という年齢で妥当ボルトを期待されていました。

そして、その2年後である2017年、ボルト選手の引退試合で見事、打ち破ることに成功されています。

スポンサードリンク

▶関連記事はこちら

もし記事が気にって頂けましたらシェアして頂けると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です