宜保愛子の正体とは?気になる予言や息子、生前の経歴などリサーチ!

スポンサードリンク

皆さんは霊能者といえば誰を思い返すでしょうか。

今回ご紹介するのは、現在はお亡くなりになられ世間からは「過去の人」として忘れさられてしまった人物。

日本がまだまだ勢いのあった頃、日本を代表する稀代の霊能者としてその名をとどろかせました。

今回は、そんな宜保愛子(ぎぼ あいこ)先生についてご紹介しようと思います。

 

霊能者や心霊研究家だったりとオカルト関係は一般人には本当かどうかわからない分野での職業ですので、疑いの目でかかる人も多いかと思われますが、「個人的には幽霊はいるのではないか?」と考えています。

ということで、さっそく世間を空前のオカルトブームへと巻き込んだ人物である「宜保愛子」先生について記事を書いていきましょう。

宜保愛子(ぎぼ あいこ)先生の正体とは?気になる生前の経歴やプロフィール情報について

まずは宜保愛子さんについて簡単に情報をまとめてみました。

■宜保愛子のプロフィールについて

  • 名前:宜保愛子(ぎぼ あいこ)
  • 生年月日:1932年1月5日
  • 出身地:神奈川県横浜市南区
  • 職業:霊能者

宜保愛子さんは1932年1月5日生まれで、2003年に胃がんのため亡くなられています。

71歳という早すぎる旅立ちでした。

この宜保愛子さんの苗字について少し調べてみると、こんなことがわかりました。

旧琉球である沖縄県由来の名字。豊見城間切宜保が起源(ルーツ)である。沖縄県の方言でジープ。

土砂の堆積地のことを意味する。沖縄県、東京都、神奈川県などにみられる。

引用元:苗字由来netより

もともとは沖縄県から伝わった苗字のようで、主に「沖縄」「東京」「神奈川」の三県でよく見られる苗字のようです。

ですが、この苗字を持つ人の人口がわずか2400人程度ということですので、実際に出会うのはかなり稀でしょう。

 

出身が神奈川県横浜市ということで、沖縄県民の方ではないようです。もしかするとご先祖様にかつて沖縄で生活されていた方がいらっしゃったのかもしれません。

沖縄県といえば、オカルト関係では外せない場所としても有名で、数多くの神域が存在するといわれています。

 

沖縄では、ユタと呼ばれる巫女の方々が日々修行をおこないながら生活されている土地であり、宜保愛子さんのご先祖様がユタさんであった可能性があります。

もしそうだとすると、宜保愛子さんに「幽霊を見る力だったり、幽霊と対話する能力が備わっている」ということは本当なのかもしれません。

 

しかし、真相は本人だけにしかわかりませんし、私たち一般人は永久に知ることはできないでしょう。

スポンサードリンク

▶関連記事はこちら

もし記事が気にって頂けましたらシェアして頂けると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です