【花火大会】今日から使える簡単な髪型まとめ

カジュアル編み込み

夏祭りや花火大会など、浴衣を着てお出かけできるシーズンがやってきます。せっかく浴衣でおしゃれをして出かけるのですから、彼氏や友達にもほめてもらいたいものです。

今回は、浴衣姿にぴったり、夏らしいアレンジヘアーやおとな女子らしい髪型などをご紹介します。

美容室でセットしてもらわなくても、ご家庭で簡単にできる「アレンジヘアー」もあわせてご紹介しますので、最後まで読んでみてください!

この夏はあたらしい自分を見つけてみませんか?

王道のアップスタイル

夏祭りといえば、やはり浴衣姿の女性が目にとまります。

和装スタイルに似合うのは、涼しげなアップスタイルでしょう。

アップセットは本格的に見えるものから、お手軽なものまで様々ですが、浴衣の着付けで手間がかかってしまうので、あまり時間をかけられないですよね。

ヘアセットはできるだけ時間をかけずに、素敵な仕上がりを目指したいものです。

ということで、ここでは「アップセット」のポイントについて解説します。

 

結びアップ:むずかしさ★★★

大人団子

出典:ONCE WED

※画像はクリックすると拡大されます。

  1. まず、髪の毛をふたつに分けます。
  2. ふたつに分けたら、片結びします。
  3. 結んだら、ねじりながらお団子をつくります。
  4. 最後にかたちを整え、ヘアピンで固定して完成です。

ゆるふわお団子:むずかしさ★✩✩

ゆるふわお団子

出典:TCB(春夏は、7days毎日できるアップヘアーで涼しく過ごす!ロング・初心者偏)より

ゆるふわお団子のやり方を確認する。

おとなアップ:むずかしさ★★✩

続いては、編み込みスタイルを紹介します。

人気の編み込みスタイル

編み込みのアレンジは、普段のコーディネートにも取り入れているという女性が多いでしょう。

全体をゆるく巻いたあと、顔周りや襟足に少し後れ毛を残して、顔周りの左右に編み込みを作り、フェイスラインを華やかに見せるスタイルは、髪の長さにとらわれず誰にでも挑戦できるスタイルです。

ショートヘアの方でも、片側だけ編み込みをつくってあげるだけで印象が格段に変わります。

編み込みは崩れにくいアレンジですから、風があるときも安心です。

カジュアルな編み込みアレンジ:むずかしさ★✩✩

カジュアル編み込み

出典:HAIR ARRANGE(カジュアルな編みこみヘアアレンジ)より

カジュアルな編み込みスタイルのやり方を確認する

お姫様風アレンジ:むずかしさ★★★

お姫様風

出典:HAIR ARRANGE(フィッシュボーンで作るお姫様風クラウンアレンジ)より

お姫様風アレンジのやり方を確認する

サイドに流す編み込みアレンジ:むずかしさ★★✩

すこし難度は上がりますが、編み込みアレンジは覚えておきたい髪型アレンジのひとつです。

 

つづいてどの髪型でも出来るワンポイントアレンジの解説です。

色っぽさを出すなら片寄せ

「ヘアーアレンジやセットは苦手だけれど、夏祭りに合うような素敵な髪型にしたい」という女性には片寄せがおすすめです。

さきほどもすこしご紹介しましたが、片寄せはオールマイティに使えるヘアーアレンジです。

えびちゃん

出典:excite(無造作だからおしゃれに見える、真夏のこなれヘア アレンジ3選)より

髪全体をゆるく巻いたあと、左右どちらかに髪を寄せて後ろ側をピンで固定するだけの簡単スタイルで時間もかかりません。

左右でみせる表情が違いが女性らしさを引き立て、柔らかな髪のウェーブと襟足の色っぽさが、男性にも人気のヘアアレンジです。

かきあげ

出典:美人部より

ポイントは、大きくかき揚げるのがコツ。また、分け目と反対側に下ろすのがポイントです。

そうすることで、髪型にメリハリができ、より魅力的に見えます。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。髪の長さによってできるヘアーアレンジは、人それぞれ異なり必ず浴衣姿に似合うスタイルがあるはずです。

お出かけ前に慌てることがないように、アレンジの練習をしておくと良いでしょう。

 

また、浴衣にあわせて和風のヘアアクセサリーなどを取り入れるのも素敵です。

 

お出かけ当日は出先で崩れないようにしっかりとワックスやスプレーで固定しておくことをおすすめします。

 

この記事を読んだひとはこんな記事をよんでいます

  • プラチナゲームズがロストオーダーをCygames NEXT 2016で発表!どんなゲームなのか予想してみた

スポンサードリンク

カジュアル編み込み

もしブログの内容を気にって頂けましたらRSSリーダー

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です