花田優一(靴職人)の年齢や年収は?気になる経歴や嫁も調査!

スポンサードリンク

今日もどこかで喜びの音を奏でている。そんなことを思いながら、職人は日々の業務に勤しむ。

今回、記事で紹介しようとする人物は、花田優一さんという靴職人。

あの貴乃花親方を父親に持ち、世間では天才靴職人としてメディアにも出演している人物です。

 

靴職人と聞くと、「夢のある職業だ」と誰もが思うのではないでしょうか。

今日はそんな夢のある職業で働いている人物、花田優一さんについて記事を書いていこうと思います。

テレビでは見れない職人の姿に迫ります。

関連記事

花田優一(靴職人)のお店の場所は?注文方法や値段を調査!

花田優一(靴職人)の気になる年齢やこれまでの経歴について

まずは簡単に花田優一さんについてどんな人物なのかまとめてみました。

■花田優一のプロフィール

  • 名前:花田優一(はなだ ゆういち)
  • 生年月日:1995年9月27日(22歳)
  • 出身地:東京都
  • 高校:青山学院高等学校
  • 趣味:音楽・バスケ

元横綱の貴乃花親方と元アナウンサーの河野景子さんを両親に持つ、3兄弟の長男。

出身は東京都で、幼い頃から芸能人、御用達である青山学院に通われていました。高校を卒業すると同時にイタリアのフィレンツェへ靴職人の修行のために、留学を決意。

それから約3年間ほど、イタリアで職人としての技術を学ばれていました。

 

さまざまなメディアで天才と呼ばれる理由は、この短い修行期間にありました。靴職人の平均的な修行期間を調べてみると、最低5年は必要とされ、本場イタリアでも10年以上の修行を積まれている職人さんはたくさんいるようです。

それをわずか3年という短い期間で、技術を習得した花田さん。

たしかに、経歴だけみると天才と呼ばれることも納得できます。

 

ちなみに、留学経験はイタリアだけではなく、実は15歳のときにアメリカへも留学されているようです。

ということは「日本語、イタリア語、英語」を話すことができるということになりますね!

「三ヶ国の言葉を話すことができる」これだけでも市場価値は高いです。

学力も青山学院ですので、かなり高いことが伺え、実際に学校での成績も悪くはなかったようですね。

■花田優一さんの略歴

  • 2013年からイタリアのフィレンツェへ渡り靴職人の修行する
  • 2015年に帰国して、靴職人として活動を始める
  • 2016年にメディア出演

ちなみに、現在は期間限定で販売スペースを借り、靴の展示販売を行っているので、今後の目標は店舗を構えることだと考えられますね。

靴職人について

ここで、靴職人という職業について「どんな仕事なのか?」疑問に感じる方も多いと思いますので、簡単に調べてみました。

靴職人になるためには、専門学校に通ったり、靴職人に弟子入りをすることで技術を学ぶことができます。

もちろん、技術を学ぶために学校や弟子入りをするのですが、独立した後の人脈作りという意味合いも大きいようです。

 

通常は5~6年かけて技術を習得するようですが、10年近く修行されている職人さんも大勢いる業界でもあります。

スポンサードリンク

▶関連記事はこちら

もし記事が気にって頂けましたらシェアして頂けると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です