原摩利彦の経歴やプロフィールを調査!本名から探る彼の原点とは?

スポンサードリンク

原摩利彦の経歴について

彼が世の中に転がっている、「音」に魅了されたのは、中学生の頃。それ以前はピアノ教室に通っていたようだが、そのときは興味が持てず、10歳の頃に学ぶのを辞めている。

一度は辞めてしまった音楽だが、中学生の頃、ベートーベンの「月光」に魅了され、音楽の世界に興味を持ち始める。

もちろん、その段階ではまだ興味があるだけだったが、坂本龍一氏のコンサートを聴きに行った際、その興味は「なりたい」という夢に変わり、本格的に音楽家の道を目指したようだ。

 

高校についての情報は残念ながら見つけられなかったが、彼の最終学歴については情報があった。

原摩利彦さんが卒業した学校は、日本の三大難関校の一つである「京都大学」。

その教育学部を卒業されている。

 

ここで疑問をもった読者の方はいないだろうか。実は彼が卒業している大学は、名だたる音楽家を輩出する名門校ではなく、日本の三大難関校である京都大学なのである。

通常、音楽家を目指す人達は「音楽に関する高度な知識」が必要になるので、音大や専門学校などを卒業する。

だが、彼が卒業している学部は教育学部。

音楽とはかけ離れた分野なのだが、おそらく途中までは一般企業に務めながら夢を叶えようとしたのかもしれない。

もしかすると、教師として音楽の楽しさを教えようとしたのかもしれない。

 

でも、いずれも彼の本当に進みたかった進路ではなかったようだ。

大学院まで進んだ彼だったが、後に中退している。

おそらく、このときにやっと夢を叶える決心がついたのだと思う。

なりたい自分がわかっている人は行動に迷いがない。それは進むべき道がわかるからだ。彼の生き方に憧れる人は多いのではないだろうか。

「自分に素直に生きる」

これがどれほど難しいことか、歳を重ねるに連れより痛感するようになる。

人が歩む人生の体感時間は「実は平等ではない」そんな話を聞いたことがある。そして、もしそれが本当だとすると彼の人生は私達よりも長く生きているのではないだろうか。

まとめ

いかがだっただろうか。今回は、「自分に素直に生きる」多くの人が真似出来ないような人生を歩んできた音楽家「原摩利彦」さんについて記事を書いてきた。

ときに迷いながら本当の自分を見つけていく。それが原摩利彦のこれまでの人生だったのかもしれない。

だからこそ、彼の作り出す「音」には人を魅了する何かがあるのだろう。

「音から曲へと変化させる」それが彼の仕事だ。

スポンサードリンク

▶関連記事はこちら

もし記事が気にって頂けましたらシェアして頂けると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です