石内都とは?結婚情報や本名、カメラで撮る世界に隠された思いを考察

スポンサードリンク

他人の考えていること、感じていることはすべてを理解することはできないし、その答え合わせもできない。
ほんの少しだけなら知る方法もあるだろうが、全部は無理に等しい。
 
わからないからこそ、私たちは少しでも理解しようと努力する。
 
でも、他人の痛みはどうだろうか?
世の中、自分のことしか考えない、そんな人が増えている。
 
もちろん、「すべての人が」とは言わないが、その数は圧倒的に多い。
そんな世の中で、他人の痛みを理解しようと考えている人がどれほどいるだろうか。
 
今回ご紹介する写真家の石内都さんは、だれも理解しようとしない他人の痛みと真剣に向き合っている。
そして、誇張される偽りのイメージではなく、本当の姿を写真に残そうと活動されている。
 
本当に撮りたいものしか写真に残さない、一人の写真家に迫る。
 
内容としては、石内都さんのこれまでの経歴や結婚情報、本名や彼女が撮る、カメラ越しの世界に隠された思いを紐解いていこうと思う。
 
前置きはこれくらいにして、さっそく記事を書いていこう。

石内都とは?これまでの経歴や本名で活動しない理由を調査

石内都(いしうちみやこ)、世界的にも評価されている凄腕の写真家で、本当に撮りたいものしか写真に残さない。
写真界のノーベル賞と言われている「ハッセルブラッド国際写真賞」を2014年に、日本人史上3人目となる受賞を果たしている。
 
このハッセルブラッド国際写真賞は、写真界に多大な功績をもたらした写真家だけ贈られる賞で、写真家として活動している人にとっては目標としている人も多い。
 
彼女は1947年3月27日に群馬県で生まれ、神奈川県横須賀市で育ったようだ。年齢は70歳。
最終学歴は高卒で、横須賀市立第二高等学校を卒業後、2年ほど多摩美術大学のデザイン科に在籍していたが、中退している。
 
大学を中退後は、写真家として活動し 1979年に第4回木村伊兵衛賞受賞。1999年には、第15回東川賞国内作家賞、第11回写真の会賞受賞と数多くの賞を受賞している。
 

石内都の結婚情報について

彼女のプライベートについてはまったく情報がない。しかし、個人的にはご結婚はされていないのだと感じる。
 
というのも、彼女は戦後すぐに生まれているので彼女が大学を中退した頃は、まだまだ女性の社会進出には後ろ向きな時代だったためだ。
そんな時代に、フリーランスという道を選んだ彼女を理解してくれる人は少ないのでは?と思ったからである。
 
また職業柄さまざまな場所に行く必要があり、結婚をしてしまうと独身時代のような働き方ができなくなってしまう。
そういった理由から、石内都さんはご結婚されていないのではと考えた。
 

石田都の本名について

彼女の本名は石田ではない。この石田という苗字は、彼女の母親の旧姓である。
では、なぜ彼女は母親の旧姓を名乗っているのだろうか。
 

スポンサードリンク

▶関連記事はこちら

もし記事が気にって頂けましたらシェアして頂けると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です