背負い式ジェットパック「JB-9」動画でいま話題の未来ガジェット

スポンサードリンク

みなさん、ジェットパックというものをご存知ですか?

 

もしかすると、アクション映画などで一度は見たことがあると思います。実は、そのジェットパックの技術が飛躍的な進化を遂げているようです。

 

2015年11月にYouTubeで公開された「JB-9」とよばれる通称、「ジェットパック」の実験動画がTwitterなどで話題になっています。

 

今回はそのジェットパックのどこが凄いのかを解説します。  

 


 

いま話題のジェットパックとは?


そもそもジェットパックとは何か?

聞きなれないこの名前に戸惑うひともいるでしょう。

 

そこで、ここでは簡単にジェットパックについてご紹介します。

たぶん画像でみると「ああ、これか!」となる人もいるかもしれませんね。

 

まずはこちらの画像をご覧下さい。     スターウォーズ 出典:http://cdn.streetstore.jp/static/img/article/image/000/000/731/detail/1.jpg     飛行型 出典:http://avia.pro/sites/default/files/images/dubai-jet-pack-video-0.jpg     デカパック 出典:http://commonpost.boo.jp/wp-content/uploads/2012/08/2012y08m22d_010032891.jpg 

 

 ジェットパックとは、個人でその装置を装着することで、空を自由自在に飛ぶことができる、背負い式の飛行装置のことです。

 

いままでは「空を飛ぶ」で連想するものといえば、飛行機やヘリコプターなどでしたが、このジェットパックの登場でその概念が崩されました。

 

もしかするとあと数十年後には新たな交通手段として、このジェットパックが登場するかもしれません。

そうなると「普通ジェットパック免許」の取得も考えなければなりませんね。    

マリン 出典:http://www.jalan.net/jalan/images/pictLL/Y0/L390800/L3908000003128292.jpg  

ご存知の方もいるかもしれませんが、このジェットパックはマリンスポーツの場でも活躍しています。

 

沖縄などで新感覚のマリンアクティビティとして体験できるみたいです。

価格は5000円くらいが相場のようで、だれでも気軽に楽しめるようです。

 

機会があればやってみたいですね。

 


まだ試作段階!これからが楽しみAviation社の「JB-9」


ジェットパックのことがわかったところで、肝心の話題になっている動画をご紹介します。

 

Aviation社が開発している試作機「JB-9」とよばれるジェットパックの実験動画です。

 

まずはその凄さをその目で確かめてください。  

ほんとに空を飛んでいますね!!

しかもそんなに大きくないですし、一人でも装着できそうですね。

では、従来品との違いをすこしご紹介します。

Aviation社の公式サイトhttp://jetpackaviation.com/

 


「JB-9」従来品との違いは?


今までに登場していたジェットパックは飛行機である程度の高度まで上昇し、そこから飛び降りて空を飛ぶものや一人では持ち運ぶこともできないものしかありませんでした。 シルエット 出典:https://gamedeets.com/images/articles/2016/01/gd59496_-10.jpg  

これまで「背負い式ジェットパック」と呼ばれたものは数多くあった。 しかしその多くはジェットとは名ばかりのロケットで30秒も飛べなかったり、 あるいは明らかに背負っているはずの人間よりでかすぎて背負ったまま歩けなかったりと理想とは程遠いものであった。 だがこれを見て欲しい。これこそが本物のジェットエンジンを搭載した空飛ぶバックパックである。 JetPack Aviation社のJB-9。だがこれでもまだ試作品にすぎない。  
引用元:http://www.nicovideo.jp/watch/sm28296598

  とあるように、これらの欠点が従来品にはありました。

  • ジェットパックが大きすぎる
  • 長く飛行できない
  • そんなに高く上昇できない
  • 重い

動画では一人で歩いている様子も収められ、装置の重さなどもなんとなく想像ができます。

それだけ今回の動画で紹介された飛行実験の内容はすごい成果だったんですね。    

 

ちなみにこの「JB-9」は試作機で、この後継機にあたる「JB-10」とよばれるものも開発されているみたいです。

 

この次世代機では、約3000mの上昇や10分以上の持続飛行ができるみたいです。

ますますこの近未来ガジェットに注目ですね!

 

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます。

http://webery122.com/post-232

http://webery122.com/post-224

http://webery122.com/oden-festival2016

スポンサードリンク

▶関連記事はこちら

もし記事が気にって頂けましたらシェアして頂けると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です