鴨川シーワールドのシャチショー事故の真相を調べてみた

スポンサードリンク

夏の定番デートスポットといえば、水族館ではないでしょうか。

水族館といえば、お出かけスポットとしても定番で、オールシーズン楽しめる娯楽施設ですね。

最近では、大規模な水族館が増えていて「イルカのショー」だけではなく、アシカ・ペンギン・セイウチなどのショーを企画している場所も見かけるようになりました。

そんな日本中にたくさんある水族館の中でも、一際目立つ場所が存在します。

その場所は、「鴨川シーワールド」。

この鴨川シーワールドでは全国的にもめずらしい、海のギャングこと「シャチ」のショーを企画されています。

今回はそのシャチのショーに関する、とある噂について調べてみました。

鴨川シーワールドで流れる噂とは?

鴨川シーワールドについて調べてみると、シャチショーの事故についてよく検索されていることがわかります。

おそらく、このシャチショーに関する事故が「鴨川シーワールドでも起こっているのではないか?」そう囁かれているのだと考えられます。

 

たしかにイルカのショーでもそうですが、曲芸には事故がつき物です。

人間がおこなうショーでもさまざまな事故が起こっていますし、動物がおこなう芸でもそのリスクは変わらないでしょう。

実際に事故が発生していたとしても不思議ではないでしょう。

 

では、本当に鴨川シーワールドでは過去に事故は起こっていたのでしょうか?

もし仮に事故が発生していたとすると、どんな事故が起きたのでしょうか?気になることがたくさんあります。

まずはその真相に迫る前に、シャチの生態や実際にシャチショーで過去に事故が発生したことがあるのか調べてみることにしましょう。

シャチの生態やシャチショーでの事故について

まずは、事故について考えてみましょう。

考えられる事故としては、以下の通り。

  • シャチが水槽から飛び出し亡くなる
  • シャチ同士での接触事故
  • シャチがトレーナーを襲う
  • シャチが水槽に激突する

ざっと考えられる事故の内容を書き出してみました。

このなかで実際に起こった事故はあるのでしょうか。調べてみると、過去に日本ではないですが海外で実際に起こっている事故がありました。

 

その事故の内容は「シャチがトレーナーを襲う」というもので、当時、世界的にも衝撃的なニュースとして扱われ映画にもなっています。

2010年頃に発生した事故は今なお、シャチのショーをおこなう水族館で「安全なのか?」と疑惑の目を向けられる原因にもなっていることが予測できますね。

ではなぜ事故は起こってしまったのでしょう。

その真相を紐解くヒントは、「シャチの飼育環境にあるのではないか?」といわれています。

 

イルカのショー同様に、シャチのショーも一日に何度もおこないます。

事故が発生した水族館でも多い日は一日8回ものショーが開催されていたようです。休館日が設けてあったのかは不明ですが、シャチたちの休日は少なかったようです。

過酷な状況下におかれていたシャチたちのストレスは相当なものだったことが考えられ、その結果、事故を招いてしまったと分析されています。

 

そして、この事故だけではなく他にも報告例があがっているようです。

ちなみに、この事故は海外で発生しているようですが、いずれも同じシャチが過去に事故を起こしているようで、これまでに3名の方が亡くなっています。その中にはお客さんもいたようですが、いずれもステージ上から水中に引きずり込まれて亡くなっています。

つまり、それだけ生き物に芸をおこなわせることは難しく、危険と隣り合わせの仕事でもあるようですね。

では、実際に「鴨川シーワールドで事故が起こったのか?」その真相に迫りましょう。

スポンサードリンク

▶関連記事はこちら

もし記事が気にって頂けましたらシェアして頂けると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です