マルコムヤング(ギター) の死因は病気か?経歴、プロフィールも調査!

スポンサードリンク

世界的人気バンド「AC/DC」のギターリストであるマルコム・ヤング氏が亡くなった。

その訃報に多くのファンから悲しみの声が挙がっている。

 

AC/DCは、アメリカを代表する大衆紙「ローリング・ストーン」にもその実力を認められ、歴史上最も偉大な100組にも選ばれるほど世界的にも評価されているバンドだ。

今回は、そのAC/DCの創設者としても知られ、同バンドのリズムギターを担当していたM・ヤング氏の亡くなった原因についてや持病の有無、これまでの経歴などについて記事を書いていこうと思う。

マルコムヤング(ギター)の経歴やプロフィールについて

まずはマルコム・ヤング氏がどんな人物だったのか知らない方のために、少しだけ彼についてご紹介しよう。

彼が生まれたのは1953年1月6日。

イギリスのスコットランド南西部に位置する都市「グラスゴー」で生まれた。

彼は2014年に休養を発表するまでの約41年間、AC/DCのメンバーとして活躍し続けた。(ちなみに、AC/DCが結成された場所はオーストラリア。)

 

AC/DCは1973年に結成され、当時二十歳だったM・ヤング氏とその弟「アンガス・ヤング」立ち上げたバンドだ。バンドメンバーは様々な理由で、少しずつ変わっていったが、結成当初からこの二人だけは変わることがなかった。

 

ちなみに、AC/DCのバンド名の由来についてだが、家電製品のAC/DC(交直両用)からきているようで、

電化製品の裏側に書かれていた「AC/DC」により、ヤング兄弟の姉が大音量で演奏していた彼らを掃除機の喧しさに例えて名付けたものといわれる。

地元オーストラリアでは、AC/DCは愛着を込めて「アカ・ダカ Acca Dacca」と呼ばれている。

引用元:ウィキペディアより

このような意味が込められているようだ。

ちなみに、このAC/DCは現在も弟のアンガス・ヤングが中心となって活動をしている。

まさに生きる伝説なのだ。

 

話を戻すが、マルコム・ヤング氏もバンド活動が嫌になって、同バンドを脱退したのではないようだ。

その理由としては、後にご紹介する持病が原因だった。

その持病の悪化が原因でバンド演奏ができなくなったのが主な原因だとされている。

 

では、彼を脱退にまで追い込んだ病とは何なのだろうか?

スポンサードリンク

▶関連記事はこちら

もし記事が気にって頂けましたらシェアして頂けると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です