マルコムヤング(ギター) の死因は病気か?経歴、プロフィールも調査!

スポンサードリンク

マルコムヤング(M・ヤング)の死因は病気なのか?持病の有無や認知症との関係性について

実は彼が患っていた病は「認知症」だった。

少しずつ記憶が失われていき、最終的には以前とは別人のような性格にまで変えてしまう恐ろしい病気だ。

日常生活に支障をきたすレベルで、脳に様々な障害をもたらす病気で、日本でもこの認知症の介護に苦しんでいる人々や苦しんでいる人は大勢いる。

 

その認知症の悪化が彼を音楽の道から遠ざけてしまった。

おそらく亡くなった原因もこの認知症ではないだろうか。実は認知症には4つの過程があるとされている。

  1. 発病気
  2. 精神症状多出期
  3. 身体症状合併期
  4. 終末期

詳しいことについては、当サイトでは触れていかないがマルコムヤング氏はおそらくこの認知症の4段階目の終末期に到達していたのではないだろうかと考えている。

皆さんは「認知症を発症すると亡くなるのが早い」と聞いたことはないだろうか?

この説については医学的根拠があるのかは分からないが、確かなことは、終末期を迎えた方の症状は「ほとんど寝たきりの状態」になるということだ。

 

この終末期の段階では、ほとんど自力で体を動かすこともできず、食事もまともに取ることができない。食事もまともに取れないので、体は衰弱していき、呼吸器系の感染症を起こしやすくなるようだ。つまり、この段階になると亡くなる方の率が高くなるのだ。

M・ヤング氏がどの段階にあったかは明かされていないが、おそらくこの認知症が原因で引き起こされた病気で亡くなったのだと思う。

まとめ

いかがだっただろうか。今回は、オーストラリアの伝説的ロックバンド「AC/DC」のリズムギターを担当していたマルコム・ヤング氏について記事を書いてみた。

伝説のロッカーの訃報に世界中から悲しみの声が挙がっている。

それは日本でも同じだ。彼らに憧れ、影響された人は多い。また一つの時代が終わりを迎えたのかもしれない。

 

この場をお借りして、ご冥福をお祈り申し上げます。

アイキャッチ画像の出典:気になるラボより

スポンサードリンク

▶関連記事はこちら

もし記事が気にって頂けましたらシェアして頂けると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です