松本謙(ゆずる)道の駅経営者の経歴や学歴は?結婚情報なども調査!

スポンサードリンク

今、道の駅巡りを趣味としている人が増えている。全国各地に点在する道の駅だが、その数は年々増えており、2017年に国交省が発表したデータによるとその数なんと1117駅。

今まさに波に乗っている事業ではあるが、赤字を抱えている駅も少なくない。それは鉄道も同じだが、人が利用しにくい場所にある道の駅は悲惨な末路を辿ろうとしている。

そんな消えゆく道の駅にも今、一筋の光が見えようとしている。その背景にはある一人の凄腕経営者の存在があった。

今回は、その凄腕経営者「松本謙」氏について記事を書いていくつもりっだ。

凄腕経営者の素顔に迫る。

松本謙(ゆずる)の経歴や学歴は?知られざる素顔。謎に包まれたプロフィールを紐解く

松本謙(まつもと ゆずる)は1967年に長野県で生まれた。今年で50歳を迎えているが、その勢いは留まることを知らない。今にも無くなりそうだった道の駅を赤字から黒字へと。不人気駅から大人気定番スポットへと変貌させる、正真正銘の凄腕経営者だ。

これまでに数々のイノベーションを起こしてきたカリスマ経営者はどのようにして誕生したのだろうか。調べていこう。

彼の学歴には目を引くものがある。

偏差値70超えの選び抜かれたエリートだけが入学を許される、かの有名な慶應義塾大学の法学部を卒業。卒業後は弁護士を目指さずに、一般企業へと入社している。

彼が最初に選んだ企業は、これまた一流自動車メーカーである日産自動車株式会社だった。法学部だった彼が配属された部署は新車製造を管理するところだった。法務部ではなく製造管理の部署に配属された彼は、後に商業施設などを管理・運営する会社へと転職。

そこで学んだ商業施設の運営ノウハウやスキルが現在の彼を作り上げたのだ。

彼が商業施設の管理会社を第二の会社として選んだのは偶然だろうか。それとも必然だったのだろうか。彼について調べてみると少し面白いことがわかった。

スポンサードリンク

▶関連記事はこちら

もし記事が気にって頂けましたらシェアして頂けると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です