ミヤネ屋の後任司会者(後釜)は誰?打ち切りの可能性について考察

スポンサードリンク

週刊文春は話題になりそうなネタを見つけてくるのが本当にうまい。

記事タイトルにもあるように、週刊文春は宮根誠司が司会を務める情報番組「ミヤネ屋」の司会から降板すると報じた。

同番組は全国的にも人気があるニュース番組だと個人的には思っている。

しかし、その特殊な番組制作の手法からその存続は危ういのではないだろうか。

今回は、このミヤネ屋について記事を書いていこうと思う。

ミヤネ屋の後任司会者(後釜)は誰?打ち切りの可能性について考察

先程、ミヤネ屋の番組制作の手法は特殊だと述べたが、これには理由がある。

実は、この番組はほとんど台本というものが存在しない。

ゆえに、宮根誠司が臨機応変に司会進行をおこない、番組を作り上げていると言っても過言ではないだろう。

つまり、彼が居なければ番組として成り立たないのである。

 

同番組について、打ち切り理由は様々な憶測が飛び交っているが、信憑性がありそうなものをピックアップしてみると、「マンネリ化」と「人気の低迷」がある。

まずはマンネリ化についてだが、ミヤネ屋は台本がほとんどないため、その内容は宮根誠司氏の力量によって左右される。

つまり、面白い日もあれば面白くない日もある。それは、どのテレビ番組にも言えるがミヤネ屋についてはその影響が顕著にでていると考える。

また、宮根誠司氏自身も多忙なスケジュールの中、同番組にも出演しているため、当然、疲れもでてくる。

仕事にムラがでてくることで、番組に面白さが失われたのかもしれない。

スポンサードリンク

▶関連記事はこちら

もし記事が気にって頂けましたらシェアして頂けると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です