映画の前売り券、購入時に知っておきたい使い方と買い方の注意点

スポンサードリンク

事前に窓口に行って座席指定をしておくと当日は受付に並ばず、スムーズに入場することができます。

デートなどの場面で活用すると出来る男を演出することもできるかもしれません。

 

ここで注意点ですが、前売り券を劇場で買ったとしても、買ったその日に座席指定を行うことはできません。

映画を見に行く予定日の2日前から座席指定を行うことができます。

また、最近流行りの3Dや4Dなどの映画を見る場合は、追加料金がかかります。

その場合も前売り券を映画館の窓口で渡せば手続きができます。

金額については映画館によって違うので、気になる場合はホームページや電話または窓口などで確認しましょう。

 

前売り券を購入したい場合はどこで買うの?

クリップ(カラフル)

前売り券を購入したい場合はコンビニではチケット販売機が主流となっています。

 

また、映画館ではグッズ売り場やチケット売り場が設けてある劇場もあるようです。

映画館では前売り券の見本が飾ってある場合が多いので、わかりやすいと思います。

前売り券はこんな場合に役に立つ!

前売り券を利用する人の多くは、「サービスデーに映画を見に行くことができない」という理由が多いようです。

サービスデーの場合は、大人も1000円で映画を鑑賞できる映画館もありますが、その多くは平日が大半です。しかし、サラリーマンの多くは、土日休みが多く、平日は残業続き。なんて人が大半だと思います。

そんな時にこそ、前売り券を買うべきです!もちろん、1000円まで安くなることはありませんが、当日券を買うよりお得に映画を見ることができ、また、サービスデーのように曜日も選びません。

もちろん有効期限内ではありますが、あなたの好きなタイミングで映画を見に行くことができます。

 

また、ムビチケを利用するとネット上で映画鑑賞の日時指定や座席指定が行えます。パソコンでもスマートフォンでも予約ができるので、最近はその利用者数も増えているようです。

コンビニで購入するときの注意点

映画館で購入した「前売り券の半券」にはオリジナルのイラストだったりポスターが印刷してあります。

しかし、コンビニで購入するとほとんどの場合、このような印刷はされていません。  

映画館かコンビニ、どちらで購入しようか悩んだら、半券のデザインで選ぶのもいいかもしれません。

記念になりますし、半券集めも面白いですよ。  

前売り券を購入するメリットとデメリット

最後にメリット、デメリットを簡単にまとめてみました。 前売り券の購入に悩んだ時の参考にしてみてください。

メリットは・・・

  • 特典がもらえる
  • 当日券より安く購入できる
  • 半券がイラストやポスターが印刷されているものが多い
  • 見に行く2日前から座席指定ができる
  • 記念に残る

デメリットは・・・

  • 前売り券を失くしても再発行できない
  • 特典には限りがある
  • 払い戻しができない
  • 種類によって使える映画館と使えない映画館がある
  • 当日券と同じように窓口に並ぶ必要がある

もちろん、ここで紹介したデメリットもムビチケを利用すると多少は融通が利きますので、これから前売り券を購入しようと考えられている方は、検討されてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

まとめ

いかがだったでしょうか。名前から何となく使い方はわかるけど「いざ、説明してほしい」と言われると途端に黙り込んでしまう、そんな前売り券について、その買い方や使い方などを中心にご紹介してきました。

映画前売り券にはいくつか種類があり、それによって様々なメリット・デメリットがあります。

次回、見たい映画の上映が決まったら、ぜひ、前売り券が発売されていないか確認してみてください。日々、仕事に追われている忙しいあなたも、賢く、お得に映画をみることができますよ。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

関連記事

映画前売り券の座席指定や予約方法!失敗しない人の説明書

 

スポンサードリンク

▶関連記事はこちら

もし記事が気にって頂けましたらシェアして頂けると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です