映画の前売り券、購入時に知っておきたい使い方と買い方の注意点

スポンサードリンク

余談ですが、映画を見に行く2日前から座席指定を行うことができます。

事前に窓口に行って座席指定をしておくと当日は受付に並ばず、スムーズに入場することができます。

 

デートなどの場面では非常に役に立つでしょう。  

 

ちなみに、最近流行りの3Dや4Dなどの映画を見る場合は、追加料金がかかります。

その場合も前売り券を映画館の窓口で渡せば手続きができます。

 

また、金額については映画館によって違うので、気になる場合はホームページや電話または窓口などで確認しましょう。

4. 前売り券を購入したい場合はどこで買うの?

クリップ(カラフル)

前売り券を購入したい場合はコンビニではチケット販売機が主流となっています。

 

また、映画館ではグッズ売り場やチケット売り場が設けてある劇場もあるようです。

映画館では前売り券の見本が飾ってある場合が多いので、わかりやすいと思います。

4-1. コンビニで購入するときの注意点

映画館で購入した「前売り券の半券」にはオリジナルのイラストだったりポスターが印刷してあります。

 

しかし、コンビニで購入するとほとんどの場合、このような印刷はされていません。  

 

映画館かコンビニ、どちらで購入しようか悩んだら、半券のデザインで選ぶのもいいかもしれません。

記念になりますし、半券集めも面白いですよ。  

5. 前売り券を購入するメリットとデメリット

最後にメリット、デメリットを簡単にまとめてみました。 前売り券の購入に悩んだ時の参考にしてみてください。

メリットは・・・

  • 特典がもらえる
  • 当日券より安く購入できる
  • 半券がイラストやポスターが印刷されているものが多い
  • 見に行く2日前から座席指定ができる
  • 記念に残る

デメリットは・・・

  • 前売り券を失くしても再発行できない
  • 特典には限りがある
  • 払い戻しができない
  • 種類によって使える映画館と使えない映画館がある
  • 当日券と同じように窓口に並ぶ必要がある

まとめ

まとめ

いかがだったでしょうか。前売り券には種類があり、2種類ありました。

また、「事前に座席指定ができる」や「当日券よりも安く購入できる」などのメリットがありました。

 

次回、映画館に足を運ぶときは、ぜひ、前売り券を購入してみてはいかがでしょうか。

関連記事

映画前売り券の座席指定や予約方法!失敗しない人の説明書

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

[metaslider id=540]

 

スポンサードリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

もし記事が気にって頂けましたらシェアして頂けると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です