夏コミにはカタログWeb版が必要!カタログを持っていきやすくする方法について

スポンサードリンク

この記事では、コミケのカタログを持ち運びやすくする方法について解説します。

コミケは世界最大規模のコミックマーケットで、毎年8月と12月の年2回行なわれ東京ビックサイトで開催されるものになります。

そのため会場がとても広く、事前にカタログを入手しどこに目的のものがあるのかを調べておかなければ探すことが難しく、参加者もとても大勢いるため事前に準備する必要があります。

またかさばるものなどは重かったり邪魔になったりするため、できるだけ荷物は減らしていかなければなりません。

冊子のカタログは分割します

コミケに行くときに重要なものはかばんやお金、雨具などがありますが絶対に忘れてはいけないものの一つがカタログになります。

サークルなどの配置図が記載されているのでとても重宝するものになりますが、とても分厚いため重くかさばるものになります。

しかしのり付けをされている冊子であるので、のりで綴じられている部分にアイロンを当てることでのりを溶かせば容易に引き抜くことができます。

またそれ以外にもカッターなどで必要なページを切り離すこともできます。

スポンサードリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

もし記事が気にって頂けましたらシェアして頂けると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です