熱中症になったら 冷やす場所はどこ?メカニズムや症状、応急処置まとめ

スポンサードリンク

熱中症は激しい暑さに対して、体が適応できなくなることでさまざまな症状が現れる状態の総称です。

万が一、対処が遅れると命に関わることがあります。

そのため、熱中症の症状がどのようなものか知っておいて、症状が出始めたらできるだけ早く応急処置をすることが大切です。

そしてできるだけ早く、医療機関へ行きましょう。同時に日ごろから予防をするために暑さ対策をすることが必要です。

熱中症がおこるメカニズム

7

出典:環境省公式サイトより

私たちの体では、常に熱が作られており、この熱を放熱することで体温は保たれています。

ところが、運動や暑さなどにより、体温が上昇します。

そして、激しく汗をかくことで体温を下げようとします。ところがこのとき十分に水分を取らないと脱水をおこし、塩分や水分が足りなくなり筋肉がけいれんをおこすことがあります。

さらに熱中症が進行すると体温が調節する機能が低下して、脳に影響が出て、倒れたり意識障害を起こすことがあります。

これが発症のメカニズムです。

 

熱中症の症状について

8

出典:大井保育園ブログより

初期にはめまいや顔のほてり、ぼーっとするなどの状態なります。

汗が異常に多く出て、ふいてもふいても全く止まらない、あるいは逆に汗が全く出ない、非常に気温が暑いのに寒さを感じるというときは病状が進行している可能性があります。

さらにはぐったりして体に力が入らない、めまいがする、吐き気やおう吐、筋肉痛やぴくぴくと筋肉が痙攣するこむら返りなどを起こし、呼びかけても反応がなくなることがあります。

最終的には意識がなくなり倒れてしまいます。

熱中症になったら冷やす場所はどこ?

9

出典:kurashiruより

あきらかに熱中症と思われるような反応が出た場合には、できるだけ早く涼しいところへ連れていきましょう。

できればクーラーのきいた室内が良いです。

室外の場合は木陰など、日の当たらないところに連れていきます。

そして、衣服をゆるめてわきの下、おでこ、首、足の付け根などを保冷剤で冷やします。

また冷たいタオルで、顔や腕などを拭きます。うちわや扇子などがあれば仰ぎます。その後、意識があればスポーツドリンクなどを飲ませます。

もし、意識がない場合は直ちに救急車を呼びましょう。

 

まとめ

黒子

いかがだったでしょうか。熱中症は、暑さに対して適応できなくなる体の反応です。

脳がオーバーヒートして、機能が低下することにより、けいれんや意識消失などさまざまな症状を引き起こします。

もしも、近くにいた人が、具合が悪くなり始めたらまずは涼しいところへ連れていき、体を冷やすことが大切です。様子を見て、場合により救急車を呼びます。

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

[metaslider id=540]

スポンサードリンク

▶関連記事はこちら

もし記事が気にって頂けましたらシェアして頂けると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です