野田あすか(のだめ)を育てた母親や高校は?結婚や経歴も調査!

スポンサードリンク

みなさんは野田あすかさんという天才ピアニストのことをご存知でしょうか。

数多くのメディアに出演し、また、とある物語のモデルにもなった人物でもあります。

彼女自身もさまざまな試練を乗り越えて、現在の地位を築き上げました。

ということで今回は、波乱万丈な人生を時には挫折し、もがき苦しみながらも懸命に歩み続けている天才ピアニスト「野田あすか」さんについて記事を書いていきたいと思います。

それではさっそく記事を書いていきましょう。

野田あすかとはいったいどんな人物なのか?気になる経歴や出身、高校などについて

まずは野田あすかさんについてご紹介していきたいと思います。

まずは彼女が天才ピアニストと呼ばれている理由について見ていきましょう。

■野田あすかの経歴について

1986年 4歳の頃より母親からピアノを習い始める

2006年 「宮日音楽コンクール」にてグランプリを受賞
2007年 「大阪国際音楽コンクール」エスポアール賞
2009年 「ローゼンストック国際コンクール」奨励賞
    「国際障碍者ピアノフェスティバル・バンクーバー大会」銀メダル
2011年 自身初のソロピアノリサイタル「こころのおと」開催
2014年 第11回ゴールドコンサートにて観客賞、インターネット投票、第1位受賞

引用元:ウィキペディアより

彼女が天才と呼ばれている理由はこの数多くの賞が物語っています。

この他にも、「オリジナル作品賞」や「芸術賞の三冠」など作曲家としも高く評価されており、彼女は楽譜を精巧に弾くタイプの演奏家や巧みなテクニックを駆使して演奏するタイプではなく、新たな曲や表現を生み出し、聴く人の心に響く音色を奏でる演奏家だと言えるでしょう。

これだけの功績を残している彼女ですが、その人生は壮絶でした。

 

実は彼女は、幼少期から人間関係に悩まされ、苦しんでいました。他人との距離感がわからず、次第に孤立していきます。

小学校も転校を繰り返していたようで、友人が少ないことが伺えます。

幼少期のトラウマは大人になっても消すことが難しく、悩んでいるひとも多いでしょう。そして、彼女もその一人でした。

スポンサードリンク

▶関連記事はこちら

もし記事が気にって頂けましたらシェアして頂けると嬉しいです!

1 個のコメント

  • 昨年末のテレビで知りました。
    スグに「心がホットするCD」を買い求め、何度も聴きました。
    ほんとに柔らかい音でホッとするのタイトルがピッタリです。
    全国ツアーはまだ厳しいと思いますが、素敵なコンサートホールが久留米市にはあります。
    是非ここでの公演で聴ける日を楽しみにして心より応援しています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です