これもおでん!?静岡おでんの魅力と静岡おでんフェア2016まとめ

静岡おでん

出典:http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0710/19/news006.html

今回は静岡おでんの魅力静岡おでんフェア2016について紹介します。実はこの静岡おでんフェアと同時開催で「第三回全国おでん・地酒サミット」も開催されるんです。こちらについても、すこしだけご紹介します。

 


1. 静岡おでん!?実はいろいろあるご当地おでん


今回、静岡おでんに注目した記事を書いていますが、全国にはこの他にもたくさんの「ご当地おでん」が存在します。ではどんなご当地おでんがあるのでしょう?しらべてみました。

  • 名古屋名物「名古屋おでん」
  • 生姜の風味のしょうゆで食べる「姫路おでん」
  • うどんだけじゃない「讃岐うど…じゃなくて讃岐おでん」
  • 青森でおでんといえばこれ「青森おでん」...etc

ほかにも全国各地でおでんはそれぞれの地域にあった食べ方で食されるそうです。

それでは少しだけその食べ方をご紹介します。

名古屋名物「名古屋おでん」

 

愛知県、名古屋市ではなごやならではの味噌を使っておでんを作ります。八丁味噌と呼ばれる見た目は赤味噌に近い味噌をベースとした味噌だれを煮込んで作ります。味は甘めで名古屋に遊びに行ったことのある人なら、だいたい想像がつくと思います。

名古屋おでん

出典:http://recipe.foodiestv.jp/recipe/7606.html

 

生姜の風味のしょうゆで食べる「姫路おでん」

つづいて兵庫県、姫路市の「姫路おでん」。姫路といえば戦国武将、黒田官兵衛が前半生にすごしたと言われる姫路城が有名ですよね。そんな姫路ではおでんを「生姜しょうゆ」で食べるという習慣があります。

 

 

生姜しょうゆとはすりおろした生姜しぼり汁を加えたものみたいです。姫路おでんには2種類あり、「関東煮」とよばれる味が濃く甘いものと専門店などで食べられる「あっさりとした味のもの」があるそうです。

姫路おでん

出典:http://cookpad.com/recipe/2401209

 

うどんだけじゃない「讃岐うど…じゃなくて讃岐おでん」

コシがあり、もちもちとした食感で有名な讃岐うどんがある香川ですが、すこし変わった食習慣があるみたいです。それは「うどんを注文した間におでんをたべる」みたいなんです。ってことは香川県民のかたは大食いに自信がある人が多そうですね。

肝心の讃岐おでんですが、こちらも味噌だれでいただくそうです。味は甘めみたいですが、意外とあっさりしているみたいです。

讃岐おでん

出典:http://yurukyaragurume.net/gourmet/505

青森でおでんといえばこれ「青森おでん」

青森おでん」とはおでんに生姜味噌をつけて食べるおでんです。味噌の甘みしょうがのピリッとした味がマッチしさっぱりとした味わいになるそうです。すこしぴり辛いところが「おとなの味」って感じですね。

 

青森おでん

出典:http://www.aptinet.jp/Detail_display_00001905.html

 


2. 静岡おでんって?


地元では静岡おでんと書いて「しぞーかおでん」と言っているみたいです。静岡の味として親しまれている静岡おでん。私たちが見慣れている「おでん」とは少し違います。

 

おでん

出典:http://www.honokuni.or.jp/toyohashi/restaurant/000096.html

なにが違うのか?

一番の違いは黒いだし汁です。静岡県民のみなさんはお馴染みでおでんと言えば「黒いだし汁」これが定番みたいです。これをきいてとても味が濃いおでんだと思ったひともいるでしょう。

しかし、味は見た目ほど濃くなくむしろ、「少し甘みのある独特な味を楽しめる。」そんな味わいになっています。また、おでんの具材にも見慣れないものが多く使われています。

 

代表的なのが黒いはんぺんです。だし汁をすって味が染みわたり、「はんぺんの色がだし汁色に染まっている」そうおもっていました。しかし、それだけではなく、はんぺんの黒さにはもうひとつの理由がありました。

 

 だし汁とはんぺん、なぜ黒いのか?

まずは、はんぺんの正解から。答えはいわしとさば」の骨や皮ごと練り合わせているからです。骨もいっしょに練り合わせているのでカルシウムも多く、栄養価の高い一品です。

ちなみに、この「黒はんぺん」ですが、静岡ではそのままわさび醤油マヨネーズにつけたり、フライなどにして食べられるほど、食卓に馴染み深い食べ物のようです。

 

つぎに、だし汁の正解です。答えはだし汁を「付け足して繰り返し使っていく」からです。だし汁のベースになるものはかつお節だったり牛すじだったりと異なりますが、醤油が必ず使われています。なので付け足していくほど、色が濃くなるわけです。

 

ちなみに、だし汁が少し甘い理由ですが、砂糖を使うところもあるそうですが、基本はたくさんの野菜を煮込むことで甘くなる自然由来の甘さみたいです。

 

ちなみに、静岡おでんにはもうひとつの特徴があります。それはすべての具材に串がさしてあることです。ではなぜ、串がさしてあるのでしょう?食べやすいから?って考えるひとも多いと思います。正解はお勘定に関係があるんです。

静岡では、おでんの会計方法を「串の本数で金額の計算をおこなう」みたいなんです。これがもう一つの特徴ですね。

 


3. 静岡おでんフェア2016


つづいて静岡おでんフェア2016についてご紹介します。静岡おでんフェア実行委員会が主催のフードフェア。今年で第10回目を迎えるおでんフェアですが、実は同時開催で第三回全国おでん・地酒サミットも開催されるんです。

 

静岡おでんと全国の各地のご当地おでんを食べ比べながら、おいしい地酒もたしなめる。そんな贅沢ができ、また、魅力あふれるイベントなんです。

 

おでんフェア

出典:http://odenfair.com/

 

イベント詳細
  • 開催期間 :2016年3月11日(金)~3月13日(日)まで
  • 開催時刻 :11日(金)16:00~21:00
  •   „    :12日(土)10:00~21:00
  •   „  :13日(日)10:00~18:00
  • 会場   :静岡市葵区役所前 青葉シンボルロード
  • 最寄り駅  :  JR   :静岡 駅
  •    „   :静鉄電車:新静岡 駅
  • Googelマップ ※リンクをクリックするとGoogleマップへ移動します。

公式サイト:http://odenfair.com/

 

ちなみに、静岡おでんは居酒屋のメニューとしておでんを出しているお店駄菓子屋でおでんを販売しているお店があります。このフェアでは双方の有名店が集結しているので、駄菓子屋系のおでん屋さんへ足を運べば、懐かしの駄菓子にも出会えるかもしれません。

 


4. 第三回全国おでん・地酒サミット


この同時開催の「全国おでん・地酒サミット」ですが、過去に二回、姫路食博でも同時開催をしています。その時のイベントタイトルは「全国ご当地おでん・地酒サミット」となっており、今回とはすこしイベントタイトルが違います。今年から全国おでん・地酒サミットへと名称を変えたみたいです。

 

姫路

出典:http://himejioden.jp/syokuhaku2014.html

このサミットですが、静岡おでんフェアの4つのテーマに分かれているうちの一つを担当するみたいです。この4つのテーマとは、以下のことです。

 

  • 家族連れで楽しめる静岡おでん(ファミリー)ゾーン
  • 静岡県でみかける屋台をイメージして装飾した静岡おでん(屋台おでん)ゾーン
  • 全国各地から招待したご当地おでんが食べられる全国おでんゾーン
  • 静岡県民のみなさんが参加して静岡の味、家庭の味を知ってもらうためのみんなのおでんゾーン

そして、第三回全国おでん・地酒サミットは全国おでんゾーンで開催しています。こちらにも是非、行かれてみてはいかがでしょうか。

 

この記事を読んだひとはこんな記事も読んでいます。

  • 【真田十万石まつり】真田丸のもうひとつの舞台、”松代”で歴史を感じる紅葉めぐりの旅へはいかがですか?

スポンサードリンク

静岡おでん

もしブログの内容を気にって頂けましたらRSSリーダー

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です