尾形英雄(医師)の経歴や大学は?プロフィールや年齢を調査!

スポンサードリンク

尾形英雄(医師)の病院はどこ?結核以外の専門分野は?

尾形英雄先生の勤務先は「複十字病院」という東京都清瀬市にある総合病院です。

尾形先生の専門分野は結核が中心ですが、それ以外にも肺の感染症にも精通されています。

ちなみに、結核の疑いがある場合にはこんな症状がでるんだとか。

  • 急に体重が減る
  • 2週間せきがつづく
  • たんが出る
  • からだがだるい

結核の初期症状は風邪と似た症状になりやすいため、結核の知識を持っている専門医でないと症状が見分けられないんだとか。

一ヶ月以上せきが止まらない患者さんの中から25人に1人の割合で結核患者が見つかっているそうです。

また、結核という病気は空気感染をするため感染の疑いがあれば、かならずマスクを着用して、感染予防につとめましょう。

そうすることで、被害を最小限に留めることがことができます。

 

実は結核菌に感染したからといって必ず発病するとも限らないようです。発病してしまう原因としては鼻や喉を通過し、肺にまで結核菌が到達してしまうことで、発病のリスクが高まるようです。

肺にまで到達してしまった菌は免疫機能が正常なときは、休眠状態に入り、数年から数十年肺の中にとどまり続けるんだとか。

そして、免疫機能が低下したことに発病してしまうようです。

また、肺に到達した段階で免疫力が低下している場合は、すぐ発病してしまします。

 

では、私たちが普段からできる予防法はあるのでしょうか?

結核にならないために、私たちができる予防策、それは「免疫力を落とさないこと」です。からだが弱っていなければ、喉や鼻で結核菌はとどまり、発病するリスクが抑えられます。

そのためにも・・・

  • 睡眠時間をしっかりととる
  • 適度な運動習慣
  • バランスの取れた食生活

これらが大切になってきます。

また、免疫力を下げないための方法は他にもありますので、くわしくはこちらの関連記事をごらんください。

関連記事

花粉症改善!免疫力を高める方法について。免疫力アップにいいこと7つ

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は、結核治療のスペシャリスト「尾形英雄」先生についてご紹介しました。

みなさんもこれを気に生活習慣を見直して、免疫力を高めてみてはいかがでしょうか。

アイキャッチ画像の出典:NHK公式サイトより

この記事を読んだ人はこんな記事も読まれています。

[metaslider id=540]

スポンサードリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

もし記事が気にって頂けましたらシェアして頂けると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です