優(おおかみこども)の年齢や経歴、画像は?旦那に愛された人生だった

スポンサードリンク

たとえ叶えたい夢をすべて叶えてしまったとしても、また、新しい夢を見てしまうのが人間なのだろうと感じる。

おおかみこどもの雨と雪という作品のコミカライズ版の作者である、優さんはどうだったのだろうか。

彼女の生前の夢は「漫画家」だった。

それは優さんの旦那さんの口から語られている。結婚生活も順調だったことが彼女のツイートからも伺え、とても幸せな人生だったのではないだろうか。

 

突然の別れに多くの人から悲しみの声が挙がる。そのことをニュースで見て、真っ先に思い浮かんだのが、残された旦那さんのことである。

もし、自分がこの立場に立たされたとき、同じように行動することができるだろうか。

亡くなったあとでも、最愛の人の夢を応援し続けることができるだろうか。

読者の皆さんはどうだろう。

 

おそらく自分にはできないと感じる。

すこし話がそれてしまったが、今日はそんな優さんについて記事を書いていこうと思う。

おおかみこどもの漫画版作者、優さん。その経歴と年齢を調べてみた

優さんについて調べてみるとこんな情報がわかった。

  • 活動期間:2008年から2017年まで
  • 職業:漫画家、イラストレーター
  • 2012年に漫画家デビュー
  • 就職活動をしていた

この情報をまとめると、優さんの漫画家としての歴は約9年。

2012年に「おおかみこどもの雨と雪」という大人気作品のコミカライズ版作者として漫画家デビュー。

その後、2014年にはオリジナル作品である、「五時間目の戦争」という作品を現在までに4巻ほど送り出してきた。

 

幼い頃から「絵を描くことが大好きな少女だった」と旦那さんのツイートから判明しているので、漫画家としての素質は十分だったと感じる。

個人的に思うのが、漫画家さんやイラストレーターさんの多くは「自分を表現したい」という人よりも、「自分が体験した気持ちを今度は自分で与えたい」という人のほうが多いと思う。

 

漫画やアニメは見る人の考え方まで変えてしまうことがある。それは、いい方向にも悪い方向にも。

それだけメッセージ性が強く、多くの人を惹きつける魅力があると私は感じる。

それは文章も同じだ。

スポンサードリンク

▶関連記事はこちら

もし記事が気にって頂けましたらシェアして頂けると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です