【ポケモンgo】 の裏技、勝手に歩くについてやり方や方法を解説してみた

【ポケモンgo】 の裏技、勝手に歩くについてやり方や方法を解説してみた

今回はポケモンGOのちょっとした裏技として、注目を集めている「勝手に歩く裏技」についてまとめています。

 

勝手に歩く裏技とは?

黒子

 

勝手に歩く裏技とはGPS機能を利用した裏技で、これから紹介する方法をするだけで、外へ歩きに行かなくても「キャラクターが勝手に移動してくれる」というものになります。

最近ではポケモンGOのチートが存在するようですが、今回ご紹介する方法はそんなBAN対象(アカウント抹消)になるようなことはしませんので、ご安心ください。

勝手にあるく裏技のやり方(その1)

まず、一つ目のやり方です。

  1. スマホのバックライト点灯時間の設定を変えて消えないようにする
  2. 画面の輝度を低くする

ひとつずつ解説します。

まず、スマホのバックライト機能についてですが、アップル・アンドロイド問わず、スマホの画面が「何も操作されずに一定時間経過するとスリープ状態になるという機能があります。

アンドロイドだと設定→画面設定→スリープにあたる機能のことです。

この設定で「画面が消えないようにする」ことで、スリープ状態になるのを防ぐことができます。

実はポケモンGOでは、スリープ状態になるとGPS機能が働かなくなるのです。

 

GPSが機能しないと卵の距離数を稼ぐことができないので、それを防ぐためにバックライト機能をオフにする必要がありました

そして、この機能をオフにすることで、ポケモンGOを起動したままポケットに入れておくだけで距離が稼げるようになります。

また、画面の輝度を下げる目的は、バッテリーの消耗を減らすためです。

勝手に歩く裏技のやり方(その2)

次の方法は、その場から動けなくても使える裏技です。

  1. wi-fiをオフにする
  2. ポケモンGOを起動する
  3. キャラクターが動かなくなるまで待つ
  4. キャラクターが止まったら、画面をスリープ(ロック)する
  5. スリープ(ロック)解除をして、アプリ画面に戻す
  6. アプリが位置情報を探すので、キャラクターが勝手に動き出す
  7. 3から5を繰り返す
  8. 気が済むまでキャラクターを移動させたら、wi-fiをオンにする
  9. キャラクターが現在位置まで移動してくるので、距離が稼げる

ちなみに、この方法を動画でやっている方がいましたので、ご紹介します。言葉より動画で実際に見ながらのほうがわかりやすいと思います。

実はこの方法、機種によっては使えません。私はXperia Z5を使っていますが、この方法を試しても動画のようにキャラクターがあまり移動しませんでした。

もしかすると、「GPSの精度」に問題があるのかもしれません。

 

しかし、試す価値はあると思います。

 

この方法が使えると、歩かなくてもポケモンが出現しやすくなります。

そして、おこうを使えば、よりいっそう出現率はあがるでしょう。あくまで憶測ですが。
ぜひ、みなさんも試してみてはどうでしょうか。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は勝手に歩く裏技について方法などをまとめてみました。

 

この方法を使えば、「外に出歩けないときでも卵の距離を稼ぐことができる」ので、使い方によっては便利になります。

しかし、ポケモンGO本来の楽しみ方ではないので、ほどほどに使って楽しみましょう。
また、その2については、機種によって使えない場合もあります。

使えなければ、その1を試してみてください。意外と歩数が稼げます。

この記事を読んだ人はこんな記事もよんでいます。

  • 鴻巣花火大会は有料席がおすすめ!チケットの購入方法や交通規制、口コミなどをご紹介します。

スポンサードリンク

【ポケモンgo】 の裏技、勝手に歩くについてやり方や方法を解説してみた

もしブログの内容を気にって頂けましたらRSSリーダー

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です