【リオオリンピック 競歩】荒井広宙(あらいひろおき)選手がメダル獲得有力か?気になる結果予想は

スポンサードリンク

今年のリオオリンピックでは競歩もメダルが期待できそうです。

今回は競歩という競技のルールやリオオリンピックメダル有力候補の荒井広宙(あらいひろおき)選手についてご紹介します。

 

元競歩選手が教える競歩のルール

競歩のルールは二つ。

  1. 片足が必ず地面についていること
  2. ひざをまげないこと

この二つを主に審判がみています。競歩の世界では違反を3つ取られた時点で失格となる、陸上競技の中でもとてもシビアな競技となります。

また、審判員は等間隔で配置され、常に違反がないか確認しやすい状態で試合が行われます。

 

そして、最終ラップにはゴール前に審判員が移動し、最後の追い込み時の違反に目を光らせます。

競歩選手のあいだでよく話されているのが、「ラスト100mで取られた」というのです。

 

私も高校時代では全日本Jr選手権の選考会に出場していますので、その経験もありました。

また、3つ目の違反を取られた時点で失格となるのが競歩の辛いところです。

3つ目を取られた周で失格を言われるときもあれば、ラストスパートをかけているゴール前で失格を言われる時もあります。

しかし、そこが競歩のおもしろさでもあります。

【リオオリンピック】競歩メダル候補、荒井広宙(あらいひろおき)選手について

荒井広宙(あらいひろおき)選手は2011年から2013年の世界選手権50km競歩で3大会連続の代表入りしたり、昨年の2015年には世界ランク2位にランクインするなど、実力のある選手です。

13

出典:yahoo!リオオリンピック特設ページより

■荒井広宙(あらいひろおき)選手のプロフィール

生年月日:1988年5月18日

年齢:28歳

出身:長野県

身長/体重:180cm/62kg

卒業校:福井工業大学

種目:50km競歩

リオオリンピック競歩での気になる結果予想は

2015年の世界選手権では4位に入賞し、あと少しで表彰台でした。

これまでの実力を考慮してもメダル獲得に期待がもてそうです。ちなみに、現在の速報(23:41現在)では三位の位置にいますので、十分、メダル獲得圏内だと思います。

個人的には金メダルを獲得してもらいたいですが、予想は銀メダルだと思います。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。荒井広宙(あらいひろおき)選手は実力的にもメダル獲得の可能性は非常に高いです。

また、試合が終了次第、追記します。

荒井広宙(あらいひろおき)選手の結果は3:41:24で銅メダルでした。

おめでとうございます!

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

[metaslider id=540]

スポンサードリンク

▶関連記事はこちら

もし記事が気にって頂けましたらシェアして頂けると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です