齋藤元章 (スパコン)の経歴は?人工知能や暁光の開発者の資産を調査

スポンサードリンク

彼は本当に犯罪に手を染めてしまったのだろうか。

次世代型スーパーコンピューター開発の第一人者として、その名を世間に轟かせた天才が今、窮地に立たされている。

12月5日放送されるはずだった、プロフェッショナルの流儀に出演するほど、その道のスペシャリストとして認められていた彼に何が起きたのだろうか。

まだ、容疑が疑われている段階なので本当に彼が罪を犯した可能性は五分五分である。

その信用が地に落ちるか、今後の動向を見守りつつ、今回は件の人物について記事を書いていこう。

齋藤元章の経歴やプロフィール情報について

まずは彼についてどんな人物なのか見ていこう。

齋藤元章(さいとう もとあき)は、新潟県長岡市で生まれた男性である。彼の肩書きはまさにエリートそのもの。

医師、会社社長、起業家、AI研究者、スパコン開発者・・・。

どれか一つを実現することなら凡人でもできるかもしれないが、一般的な人と比べると次元が違う。

どれも実現するにはそれなりの時間を費やして「やっと成れるか成れないか」というレベルだが、彼は49歳という年齢でそれを実現している。

これを一般人である私がざっと彼の経歴を見ただけで、その凄さが分かるレベルなので、読者の皆さんもかなりこの経歴には驚かれているのではないだろうか。

 

すこし話がそれたが、彼は地元の高校である新潟高校出身である。

ちなみに、その新潟高校であるが偏差値は73~63の進学校で、共学の公立校である。おそらく理数系の出身者だと思うので、彼の在学していた高校の偏差値は73だろう。

高校を卒業後は大学へ進学。これまたかなりハイレベルな国公立大学である「新潟大学 医学科」を卒業している。こちらについても、偏差値は70超えの選び抜かれた天才だけが通える大学である。

スポンサードリンク

▶関連記事はこちら

もし記事が気にって頂けましたらシェアして頂けると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です