齋藤元章 (スパコン)の経歴は?人工知能や暁光の開発者の資産を調査

スポンサードリンク

慶應義塾大学の医学部には届かないものの、それでも偏差値は73。

難しい大学の一つある。

ここで意外だったのは「工学部」ではないという点だろう。彼の知名度が爆発的に上昇したきっかけは、彼の会社が開発したスパコン「暁光(ぎょうこう)」の開発がきっかけである。

大学を卒業後は医師免許を取得し、東京大学医学部付属病院の放射線科医局に入局しているが、実はこのときに画像診断用のソフトウェアを開発している。おそらくこの経験が後のスパコン開発に影響しているのだろうと思う。

医療機器開発の分野で企業を果たすと、渡米。ちなみに場所はシリコンバレーだったようだ。

その後は、日本にプロセッサーを専門に開発する会社を設立し、スパコン開発に携わっている。ちなみにプロセッサーとは簡単にいうとCPUなどのコンピュータに搭載されている処理装置の総称のことである。

 

ここまで彼についてどんな人物なのかご紹介してきたが、気になる彼の資産についてふれていこう。

齋藤元章の資産について

当然のように彼の資産については公表されていない。

なのであくまで推測になるが、個人的な予想は現段階ではそれほど資産が多くはないのだと感じる。

理由としては、彼が立ち上げた会社はまだ若く、これから「軌道に乗る」という状況だからだ。

スパコンやAIなどの開発には当然のように莫大な資金が必要になる。もちろん、何か商品を生み出そうとすると、莫大な資金を注ぎ込む必要があるのだが、彼の場合はおそらく銀行からの融資のみの資金調達だったのではないかと推測できる。

というのも、彼が設立した会社はどれも非上場企業である。これが何を意味するのか?

実は非上場だと会社の株は一般公開されていないのである。

スポンサードリンク

▶関連記事はこちら

もし記事が気にって頂けましたらシェアして頂けると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です