櫻井寛と駅弁の旅。カメラマンの経歴や漫画本も合わせてご紹介!

スポンサードリンク

みなさんは、櫻井寛(さくらい かん)さんというフリーカメラマンをご存知でしょうか。

フォト・ジャーナリストとして活動をされている人物で、さまざまなメディアでも紹介されている人物でもあります。

ということで今回は、そのフォト・ジャーナリスト「櫻井寛」さんについて記事を書いていこうと思います。

櫻井寛の気になる経歴やプロフィールについて

まずは簡単に櫻井寛(さくらい かん)さんについて、これまでのご経歴やプロフィール情報をご紹介します。

  • 名前:櫻井 寛(さくらい かん)
  • 生年月日:1954年3月9日
  • 出身地 :長野県佐久市 出身
  • 出身校 :昭和鉄道高等学校
  •     :日本大学藝術学部写真学科 卒業
  • 職業  :フォト・ジャーナリスト
  •     :漫画原作者

櫻井寛(さくらい かん)さんのお仕事は、鉄道関係のニュースを中心に扱うフォトジャーナリスト。

幼い頃から元国鉄職員だった両親の影響で、電車に囲まれた生活を送られていました。

ご両親が両方とも元国鉄職員。

これだけでも電車好きな理由が伺えますね。高校も日本で唯一学校名に「鉄道」の文字が入る「昭和鉄道高等学校」に入学。

櫻井さんの人生は、これまでずっと「鉄道」に携わるものでした。

 

将来は鉄道員だった両親と同じ道を歩むべく、勉学に励まれていたそうですが、中学二年生のときに一つ目の転機を迎えます。

それは、たまたま撮影した写真がきっかけでした。

当時、中学2年生だった櫻井少年は、格安で売られていたフィルムを購入します。そして、そのフィルムで撮影した写真のうち6枚を鉄道ジャーナル誌に応募。

うち2枚が雑誌に採用され、鉄道ジャーナル誌に掲載されます。

このときの経験がきっかけで、鉄道写真の世界に興味をもつのでした。

 

しかし、当時はまだ鉄道員としての夢を変えたわけではありませんでした。というのも、大学卒業後の進路では国鉄(JR)への入社を希望していたと当時の心情を語られているからです。

ですが、櫻井さんが就職活動を始めた時期は国鉄の経営状況が悪く、新卒の採用を見送っていました。そういった背景があったからこそ、桜井さんは写真家としての道を歩みはじめます。

スポンサードリンク

▶関連記事はこちら

もし記事が気にって頂けましたらシェアして頂けると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です