篠山紀信の嫁は○○さん!華麗なる経歴や年収も調査してみた

スポンサードリンク

知る人ぞ知る、カメラ界の大御所篠山紀信。

下積み時代からその才覚をはっきし、当時から業界に新しい風を送り出してきた。

その飽くなき探究心は留まることをしらず、今なお、写真家として新しい写真表現を追い求めている。

今回は、常に最先端を追い求めている写真家、「篠山紀信」さんについて記事を書いていこうと思います。

 

名前こそ誰もが知る、日本を代表するカメラマンである篠山さんですが、「どんな人物なのか?」と知る人は少ない。

ということで、日本写真界の巨匠について余すところなくご紹介します。

篠山紀信(しのやま きしん)の華麗なる経歴。巨匠はどのようにして誕生したのか?

今なお、業界問わず新しい風を送り出してきた篠山紀信さん。

時代をありのまま映し出し、表現という技術を用いて新しい世界を生み出している。

そんな彼はどのようにして誕生したんだろうか。

■篠山紀信のプロフィール

  • 篠山紀信(しのやま きしん):本名みちのぶ
  • 生年月日:1940年12月3日
  • 主な作品:篠山紀信と28人の女たち
  •     :激写・135人の女ともだち
  • 出身地 :旧東京市出身の写真家

巨匠、篠山紀信(本名:みちのぶ)は1940年生まれの写真家である。

旧東京市出身で、日本を代表する写真家の一人だ。

もともと写真が好きだったというわけではなく、一般大学への受験に失敗したことが起因して、日本大学藝術学部写真科に入学。

「写真科に入学したからには写真家を目指す」という思いから、大学と平行して専門学校にも通い始める。

専門学校を2年で卒業し、広告制作会社「ライトパブリシティ」に入社。カメラマンとしての実用的な知識や経験などを磨いた。

1986年に独立してからはご承知の通り、さまざまな功績を残している。

代表作である、激写シリーズがおなじみで、みなさんにも馴染みのではないだろうか。

篠山氏が手がけた作品数は非常に多く、ジャンルも様々である。

そして、その最前線で常に新しい写真表現を模索し、業界に新しい風を送り出してきた。

 

彼の写真家人生は、人生の挫折から始まったのである。逆境を物ともせず、自らの力で人生を切り開いた篠山紀信さんだからこそ、これまで経験してきた失敗や挫折も乗り越えられたのだと感じる。

スポンサードリンク

▶関連記事はこちら

もし記事が気にって頂けましたらシェアして頂けると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です