スマホやカメラで今すぐ上手に写真撮る方法を解説してみた【基礎編】

スポンサードリンク

日の丸構図について理解したところで、次によく聞く構図。三分割法についてご紹介しましょう。

三分割法

三分割法はその名の通り、ファインダー越し(カメラを覗いたときの画面)に見える画面を「縦と横」3つに分割し、その交わるポイントに被写体を配置する構図法。

出典元:結婚式とカメラマンのブログより

最近のスマホにもこの三分割にした線(グリッド)が標準装備されている機種が多く出回っているので、見たことがある人も多いのではないでしょうか。

しかし、今まで使い方がわからず、「なんとなく表示させていた」なんて人も多いはずです。

でも、もう大丈夫!意外と使い方は簡単で、上記画像のように、被写体(撮りたいもの)を交わる点のどれかにひとつに合わせるだけで、この三分割法が使えます。

ちなみに、上記写真の場合は二点交わるポイントに被写体を配置しています。

 

その他にも、「縦」もしくは「横」を三分割して空などの景色を当てはめる方法などもあります。

出典元:Travel Hackerより

 

とてもバランスの良い写真に仕上がっているとは思いませんか?このグリッドについては1点だけでも使えますし、4点交わらせることもできます。

今日から使えるとても簡単な構図法ですので、皆さんもぜひ活用されてみてはいかがでしょうか。

続いて二分割構図について解説していきたいと思います。

二分割構図

出典:LIG.INCより

三分割法が被写体を引き立てる構図に対して、こちらの二分割構図は全体に目を向けさせる効果があります。

二分割構図は「上下」もしくは「左右」のどちらかの方向を選んで、中央を境に均等に二分割して撮影する方法で、三分割法より簡単に使うことができます。

ただし、左右どちらも均等に同じ比率で配置することが大切になってくるため、最初はうまく撮影することができないかもしれません。

また、きちんと水平な状態で撮影しなければ、一気にバランスが崩れてしまい残念な写真になってしまいます。

ですので、すこし慣れが必要になりますが、比較的簡単にマスターできることでしょう。

 

コツとしては、水平線上や垂直線上などに合わせて撮影することで、バランスの良い、安定した写真を撮ることができます。

 

 

シンメトリー構図

皆さんはシンメトリー構図という言葉を聴いたことがありますか?

このシンメトリー構図を使いこなせるようになると非常にバランスの良い写真を撮ることができ、表現の幅が格段に広がります。

 

シンメトリー構図とは上下左右を均等にして撮影する技術で、奥行きや整列などを表現するのに向いています。

出典元:KOTOxkOTO KYOTOより 

撮り方としては、上記写真のように、上下左右ともにバランスよく被写体を配置することで、このシンメトリー構図で撮影することが出来ます。

使い方としては、前述したように奥行きなどを表現するときに使うと効果的です。

 

ただし、この構図は上下左右がしっかりと均等になるように撮影しなければバランスが崩れてしまう構図でもあります。

すこし難度の高い構図ではあり、使える場所も選ぶ構図でもあります。

たくさんいろんな場所を撮影して、センスを磨くのにはうってつけの技法ですので、是非、挑戦してみてください。

 

ちなみにこのシンメトリー構図と同じような考え方で撮影する構図法が存在します。

それが対角線構図です。

スポンサードリンク

▶関連記事はこちら

もし記事が気にって頂けましたらシェアして頂けると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です