隅田川花火大会の穴場9選!誰でも簡単にできる場所取りのコツ

少女

先日、今年の隅田川花火大会の日程は、2016年7月30日(土)だと発表されました。

毎年100万人の人たちが、この花火大会を見に東京の街に集います。

1日で100万人の人が集まるので、穴場を活用しないと散々な目にあいます。

そして、その穴場もいろんなサイトで紹介されているので、よく見える場所は競争率も高くなります。

 

また、情報がありすぎて「どこの穴場が良いのか?」困っている人もいるはずです。

そこで様々な情報源を元に、比較的とりやすい、よく見える穴場スポットを厳選してみました。

ぜひ、参考にしてみてください。

まずは、目次です。

 


  • 【全日本大学駅伝2016】優勝候補はどこか?日程や注目大学など解説します

今年の第一会場、第二会場


スケジュールの前に、今年の会場をご紹介します。

今年の打ち上げ会場は以下の場所です。

第一会場

場所:桜橋下流(さくらばし)~言問橋上流(ことといばし)

第二会場

場所:駒形下流(こまがた)~厩橋上流(うまやばし)

※画像をクリックすると拡大します。

会場マップ

出典:googleマップ

今年の第一会場と第二会場がわかったところで、どのくらい人が多いのか?

まずはその様子をご覧下さい。

交通規制出典:ふうりんのよろずお役立ち情報(2015年隅田川花火大会の日程は?混み具合は?穴場スポットは?)より

この中で花火を楽しむのは、正直無理でしょう。

蒸し暑く、殺伐とした中で花火を見なければいけない

そんなことは絶対にしたくないです。

では、どうすればいいのでしょう?


失敗しない穴場スポットの選び方


 

失敗しない穴場スポットの選び方には、3つのポイントがあります。

  1. どこの会場で花火をみたいか?
  2. 目的を考える(近くで見たい、雰囲気重視、お祭り気分を楽しみたい)
  3. 当日の風向きに注意する

 

どこの会場で花火を見たいか?

まず、どこの会場で打ち上げられる花火が見たいのか?これを決めます。

これを決めないとたくさんある候補の中から絞り込めません。

 

ちなみに、第一会場と第二会場の違いは、下記記事で解説しています。

詳しくはこちらの記事を参照ください。

http://webery122.com/sumidagawa-fireworks

 

場所の決め方は大きく分けると3つあります。

  1. 第一会場の花火がメイン
  2. 第二会場の花火がメイン
  3. 両方の花火が見える場所

また、こちらの動画の様子をご覧下さい。

花火会場の場所取り映像です。

ご覧のとおり、チームを組んで場所取りを行っている人が大半ですね。

こんな場所だと初参加組では勝ち目がありません。

そこで、次のステップです。

目的を考える

まず、どのような目的で花火大会を楽しみたいのか?

これをはっきりさせる必要があります。

これを考えることによって、たくさんある様々な穴場スポットの中から

自分の条件にあう場所を見つけやすくなります。

たとえば、花火を間近で見たいとか家族でゆったり花火大会を楽しみたいなど。

目的は人それぞれ違うはずです。だからこそ、その目的にあった穴場を選ぶ必要があります。

穴場にはそれぞれ強みと弱みがありますから。

 

穴場の特徴をいろんなサイトで情報を仕入れ、自分にあった最適な場所を見つけることが失敗しない穴場選びのコツです。

それでは、最終ステップです。

当日の風向きに注意する

これはとても重要です。風の向きを把握して穴場スポットを決めないと、

たとえ自分の条件にあう、最適な絶景ポイントを見つけたとしても、

打ち上げた花火から出る煙に邪魔をされます。

そうなると、せっかくの花火大会が台無しになってしまいます。

そうならないように、

当日の風向きをチェックしてから穴場の最終決定をしましょう。

確認方法はヤフーなどのサイトを活用しましょう。

Yahoo!のお天気サイト(風向きの確認サイト)

 

また、候補を一つに絞ってしまうと様々な条件が重なってしまうと、その穴場が使えなくなってしまう可能性があります。

少なくとも候補を絞るのは、3つくらいまでに留めておいたほうがいいです。

続いては穴場スポットの紹介です。

 


厳選!あまり知られていない穴場スポット


お待たせしました。最後に当サイト厳選の穴場スポットのご紹介です。

それぞれの穴場には特徴がありますので、しっかりと自分の合う穴場をみつけてください。

そうすることで、隅田川花火大会をより良いものにできます。

人ごみに紛れて、不快な思いをしてまで花火を見るのはやめませんか?

穴場選びは重要です。

 

荒川の土手(荒川河川敷木根川橋球技場)

 

 

荒川の土手②

出典:雲母(KIRA)の舟に乗って(スカイツリーと「隅田川花火大会」)より

※画像をクリックすると拡大表示されます。

穴場の特徴

  • ・花火は小さい
  • ・花火の全体が見える
  • ・人が少ない
  • ・場所取りは取りやすい
  • ・カップルや家族連れにおすすめ
  • ・雰囲気重視

最寄り駅:四ツ木駅

Googleマップ ※リンクをクリックするとGoogleマップへ移動します。

浅草寺(せんそうじ)

 

浅草寺②

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出典:ボクの細道(日本橋~浅草寺花火見物)より

穴場の特徴

  • ・花火は間近で見れる
  • ・花火の一部が見える
  • ・そこそこ混雑する
  • ・12時くらいまでに場所取りが必要
  • ・駅から近い
  • ・カップルや少人数向き
  • ・迫力重視

最寄り駅:浅草駅

Googleマップ ※リンクをクリックするとGoogleマップへ移動します。

水戸街道(国道6号)

向島

 

 

向島②

 

 

 

 

 

出典:Googleマップ

穴場の特徴

  • ・花火はすこし小さく見える
  • ・第一会場と第二会場、両方の花火が楽しめる
  • ・18:00を過ぎると歩行者天国になる
  • ・そこそこ混雑する
  • ・すぐ近くに、コンビニがある
  • ・カップルや少人数向き
  • ・迫力重視

最寄り駅:曳舟駅(ひきふね)

Googleマップ ※リンクをクリックするとGoogleマップへ移動します。

銅像堀公園周辺(隅田川沿いの堤防)

公園

出典:KENSAKU LIFE(隅田川花火大会の銅像堀公園周辺スポットの画像!場所取りやアクセスは?)より

※画像をクリックすると拡大表示されます。

穴場の特徴

  • ・きれいに花火がみれる
  • ・すこし小さく見える
  • ・近くに障害物になるビルなどがない
  • ・どの場所よりも一番おすすめの撮影スポット
  • ・人が少ない
  • ・銅像堀公園は封鎖エリア
  • ・どちらかといえば雰囲気重視

最寄り駅:浅草駅

Googleマップ ※リンクをクリックするとGoogleマップへ移動します。

白髪橋周辺

白髪橋

出典:KENSAKU LIFE(隅田川花火大会の銅像堀公園周辺スポットの画像!場所取りやアクセスは?)より

※画像をクリックすると拡大表示されます。

穴場の特徴

  • ・花火がきれいに見える
  • ・花火はすこし小さく見える
  • ・近くに障害物がない
  • ・あまり人がいない
  • ・近くにトイレやコンビニなどが無い
  • ・カップル向けや家族連れ向き
  • ・駅から近い
  • ・どちらかといえば雰囲気

最寄り駅:浅草駅

Googleマップ ※リンクをクリックするとGoogleマップへ移動します。

タワーホール船堀、展望塔

タワー

出典:RETRIP(本当は誰にも教えたくない!隅田川花火大会の超穴場スポット8選)より

※画像をクリックすると拡大表示されます。

穴場の特徴

  • ・会場からすこし遠いため、花火は小さめ
  • ・花火全体が見える
  • ・第一会場と第二会場、両方の花火を楽しめる
  • ・あまり混まない
  • ・入場無料
  • ・カップルや家族連れ向け
  • ・雰囲気重視

最寄り駅:船堀駅

Googleマップ ※リンクをクリックするとGoogleマップへ移動します。

 

東白髭公園(ひがししらひげこうえん)

東白髪公園

出典:とうきょうなび(おすすめ公園)より

※画像をクリックすると拡大表示されます。

穴場の特徴

  • ・花火はすこし小さく見える
  • ・きれいに見えるポイントは早い者勝ち
  • ・会場から距離があるので、人がすくない
  • ・ござの無料貸し出しがある
  • ・カップルや家族連れ向け
  • ・雰囲気重視

最寄り駅:鐘淵駅

Googleマップ ※リンクをクリックするとGoogleマップへ移動します。

両国国技館前

両国

出典:日本相撲協会(国技館の貸出)より

※画像をクリックすると拡大表示されます。

穴場の特徴

  • ・会場周辺のスポット
  • ・そこそこ人がいる
  • ・駅から近いので、帰りが楽になる
  • ・お昼前くらいまでなら場所取りも可能
  • ・よく見える場所は早いもの勝ち
  • ・カップルなどの少人数向け
  • ・迫力重視

最寄り駅:両国駅

Googleマップ ※リンクをクリックするとGoogleマップへ移動します。

汐入公園

汐入公園

出典:RETRIP(これぞ完全保存版!隅田川花火大会の情報‘‘全部‘‘まとめ)より

※画像をクリックすると拡大表示されます。

穴場の特徴

  • ・花火はすこし小さく見える
  • ・花火全体が見える
  • ・人は少ない
  • ・最寄り駅からすこし遠い
  • ・家族連れやカップル向け
  • ・雰囲気重視

最寄り駅:南千住駅

Googleマップ ※リンクをクリックするとGoogleマップへ移動します。

最後にまとめです。


まとめ


いかがだったでしょうか。隅田川花火大会は非常に人気の花火大会です。

そのため、穴場選びをしっかりしないと、せっかくの思い出が台無しになってしまいます。

経験者の話をきくと…

  • 人がたくさんで花火どころじゃなくなった
  • 家族や友人とはぐれた
  • ずっと歩きっぱなしだった

こうならないためにも、当サイトでは穴場選びのコツをご紹介しました。

失敗しない穴場選びのコツは3つでした。

  1. どこの会場で花火をみたいか?
  2. 目的を考える(近くで見たい、雰囲気重視、お祭り気分を楽しみたい)
  3. 当日の風向きに注意する

これらに注意するだけで、だれでも簡単に隅田川花火大会を楽しむことができます。

ぜひ、参考にしてみてください。

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

  • “京都の紅葉2016”おすすめの時期や見ごろ、アクセスまとめ

 

スポンサードリンク

少女

もしブログの内容を気にって頂けましたらRSSリーダー

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です