【住野よる】性別不詳のベストセラー作家 作品から見る人間性

スポンサードリンク

皆さんは作家、住野よるをご存知ですか。「君の膵臓をたべたい」や「また、同じ夢を見ていた」の作者であり、昨年、デビュー作である「キミスイ」が大ヒットを記録。

そして、2016年度の本屋大賞で2位にノミネートされるなど、今、勢いのある作家のひとりです。

この記事では、今、大注目の作家、住野よるについてご紹介します。

作家、住野よるとは?

まずは、住野よる先生がどんな人物なのか簡単にまとめてみました。

作家情報

  • P,N:住野よる
  • 好きなもの:グリコのアイス「パピコ」※作中でも登場している(また夢)
  • 大阪府在住
  • 26歳 男性 ※おそらく1989年生まれ

著作

  • キミスイ…君の膵臓をたべたい  デビュー作
  • また夢 …また同じ夢をみていた 2作目

経歴

  • 小説投稿サイト「小説家になろう」に掲載していた『君の膵臓をたべたい』でデビュー
  • 2016年度の本屋大賞にて処女作である『君の膵臓をたべたい』が2位に選ばれた。

 

住野よる先生といえば、処女作にして大ヒットを記録した「キミスイ」のイメージが強いと思います。「君の膵臓をたべたい」とインパクトの強いタイトルだけに、覚えているひとも多いとはずです。

スポンサードリンク

▶関連記事はこちら

もし記事が気にって頂けましたらシェアして頂けると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です