鈴ノ木ユウは異色の経歴!息子と嫁に感謝の漫画家人生。綾野剛っぽいとも

スポンサードリンク

生きていると当然辛いこと、うまくいかないことをたくさん経験する。

それは、どんな人物にも平等に訪れることであり、彼も例外ではなかった。

漫画家、鈴ノ木ユウ。

彼はずっと夢を追い求めつづけてきた。同じように夢を追いかけていた友人も次第に妥協点を見つけ、普通のサラリーマンの道へと変えていく。

みんな大人になるにつれ、現実を受け入れてきた。そんな事実と戦いながら、さまざまな葛藤を胸に秘めそれでも夢を諦めなかった一人の漫画家をご紹介したい。

鈴ノ木ユウ。嫁と息子に救われた第二の人生。異色の経歴に迫る

鈴ノ木ユウの代表作である「コウノドリ」。

産婦人科を舞台にした作品で、命との向き合い方や親になることの素晴らしさなどをテーマにしている。この作品は入念な取材を元に作られており、産婦人科の今を漫画というフィクションの世界で忠実に再現。

そのクオリティの高さや実際に妊娠を体験した読者層を始めとする、多くの読者から評価されている作品でもある。

2013年に正式連載が決まってからは、少しずつ読者の評価を得ており、その人気は留まることを知らず、2015年には実写ドラマ化されるほどである。

■鈴ノ木ユウのプロフィール

  • 生年月日:1973年9月4日
  • 職業:漫画家、シンガーソングライター
  • バンド名:Spring Bellなど
  • 大学:東海大学教養学部芸術学科
  • 出身地:山梨県甲府市

漫画家、鈴ノ木ユウは1973年生まれで、44歳を迎えたばかり男性である。

出身は山梨県甲府市で、本名は鈴木祐樹(すずき ゆうき)という。

 

中華料理屋を営む両親のもとに初めて生まれた子供だった。妻はみみずくずのボーカル、林レイナさんという人物で、一度は活動を休止したものの、現在では活動を再開している。

2009年に誕生した息子が一人おり、現在は8歳になるようだ。

真ん中にいる女性がみみずくずボーカルの林レイナさん。

出典:みみずくず公式サイトより

スポンサードリンク

▶関連記事はこちら

もし記事が気にって頂けましたらシェアして頂けると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です