高橋晃大のプロフィールや実力は?親や年齢、好きなジュースを調査!

スポンサードリンク

天才に年齢は関係ない。

そして、誰しもがその天才になれるチャンスを持っていると私は感じる。それが何の天才かは人それぞれ違うし、生涯見つけることができないかもしれない。

ほとんどの人は自分に隠された才能を見つけることできないまま、凡人だと思い込み生活している。

私もその一人だ。

今日はそんな誰しもが憧れる天才と呼ばれる少年にスポットを当ててみよう。

今回の記事では、日本オセロ界の次世代エース候補「高橋晃大(たかはし あきひろ)君」について調べてみた。

高橋晃大(オセロ)のプロフィールについて

高橋晃大くんは、大阪府堺市出身のごく一般的な男の子。

今年の「オセロ 小学生グランプリ2017」では宣言通り、日本一の座を見事、勝ち取っている。

彼の現在の段位は五段。

オセロ歴わずか約2年弱で有段者として活躍する、正真正銘の天才である。

 

ちなみに、みなさんはオセロというボードゲームは日本発祥だということはご存知だろうか。

オセロは長谷川吾郎さんという、ボードゲームの研究をしていた人物が考案したゲームなのだ。

 

将棋・囲碁・チェスと並ぶボードゲームとして知られ、その競技人口は一説によれば約6000万人にもおよぶ。

ただし、この数は競技人口ではなく、単純にルールを知っている人も含まれているので、現在の正確な競技人口はわかっていない。

そして、このオセロの父である「長谷川吾郎さん」著書の「オセロの勝ち方」を読んで、オセロの技術を磨いた少年こそ、高橋晃大くんなのである。

彼は考案者の戦略を学んで、その才能を開花させたのだった。

もちろん、それだけではなく実践経験も豊富で、様々な大会やネット上の対戦者と幾多の戦いを繰り広げて得た経験が彼自身を更に強くしているのだ。

スポンサードリンク

▶関連記事はこちら

もし記事が気にって頂けましたらシェアして頂けると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です