高橋智隆の父親はどんな人?年収は億超え!?嫁や経歴も調査してみた

スポンサードリンク

天才は天才から生まれるのだろうか。「そんなことはない」そう信じたいが、彼を見ているとその思いも打ち砕かれそうだ。

世界的にもその技術力を認められ、日本人で唯一、次世代のリーダーとして期待されている人物。

これからもっとも伸びると期待されているロボット開発の分野に情熱を注いでいる、高橋智隆(たかはし ともたか)さん。本物の天才とはこんな人物のことを言うのだと感じだ。

今日は、この若きロボットクリエーターの素顔に迫る。

高橋智隆(たかはし ともたか)これまでの経歴や彼を育てた父親について

彼の育ち方は少し変わっている。大阪、滋賀、カナダ。父親の職業柄、一箇所に長く留まることが許されなかった彼の幼少期。

その当時からずっと憧れていたものがある。

「ロボットを作りたい」

この思いをずっと胸に秘め、「大人になってもその夢を諦めなかった」そんな彼が掴んだ、本当になりたかった自分。それを手にした彼は今、何を思うのだろうか。

 

1975年3月27日、彼は春の訪れと共にこの世界にやってきた。彼の幼少期は父親の転勤の度に迎える、多くの出会いと別れを繰り返してきた人生だった。

当時の彼が友達が多かったのか、それとも少なかったのかは定かではないが、歳を取るに連れ、共通の思い出が少ないことを悩んでいたかもしれない。とくに思春期の頃は辛かったのではないだろうか。

たとえば友達と楽しく会話していても、自分だけが知らない思い出が会話の話題として出される。

その度にどこか仲間はずれのような気分になる。

転校を経験したことがある人なら誰しもが味わう感覚だろう。そんな思いと闘い続けていた幼少期だったかもしれない。

 

父親の職業は大学院の内科医。医療分野での研究のために様々な場所へ移動していたようだ。

そんな彼がロボットクリエーターとしてあゆみ始めるのは、大学を卒業してからだった。

スポンサードリンク

▶関連記事はこちら

もし記事が気にって頂けましたらシェアして頂けると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です