七夕の由来や七夕飾りを折り紙を使った作り方などをまとめてみた

スポンサードリンク

七夕の季節になると、願いごとを書いた短冊をささの葉に下げた光景を、街の中などいろいろなところで見かけることがあるのではないでしょうか。

カラフルな色合いの紙を使えば、短冊だけでも飾りとしてはシンプルで良いのですが、時間があれば折り紙などで輪つづりや、吹き流しなどを作ってみても楽しいものです。

また、折り紙か、薄紙を使ったくす玉は、豪華な七夕飾りになることでしょう。

飾り一つ一つに由来がある

七夕の飾りとしても有名な吹き流しとくす玉ですが、その由来をご存知でしょうか。

そもそも吹き流しは、織姫と非常に関係が深いもので、織り糸の形を表しているといわれています。

そして、こどもが将来、織姫のように機織りや裁縫が上手になることを願ったり、健やかに育ち、長寿であることを祈っているのです。

一方のくす玉は、8月におこなわれる仙台七夕が発祥の地であるといわれ、森天祐堂の主が飾りを考えていたときに、庭のダリアを見て思いついたのだそうです。

 

吹き流しを作るためには

特に、こうでなければならないということはなく、自分で思ったように自由に作れば良いことであると考えられます。

ただし、目的が長寿を願うのであれば、出来るだけ流す部分を長めに作るほうが、天にもその思いが届きやすいかもしれません。折り紙や薄紙などに適度な太さで細く切れ込みを入れたり、柄の入った紙や和紙などを使うと趣きが出ます。

また、何色かの紙を使ってつなげるなどして長さを出すと、風になびいてとてもきれいに見えるのではないでしょうか。

 

吹流しのつくりかた

初級:むずかしさ★✩✩

もっともオーソドックスな吹流し

 

中級:むずかしさ:★★✩

星型のふきながし

ホッチキスでとめているところをのりづけするだけで、見栄えもよくなります。

★

出典:金魚のおもちゃ箱(七夕飾り折り紙で簡単【星の吹流し】【着物】【笹の葉】の作り方)より

ちなみに、作り方はこちらのサイトに載っています。

【作り方】ホッチキスなしの星の吹流し

スポンサードリンク

▶関連記事はこちら

もし記事が気にって頂けましたらシェアして頂けると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です