たつき監督の降板理由は何なのか?後任の新監督が誰か予想してみた!

スポンサードリンク

  • たつき監督が無断で制作し、アップした短編アニメの存在
  • たつき監督と角川陣営のウマが合わない
  • より良い作品を作るために、実績のある監督に変更する

おそらくこの3点がこの降板せざるを得ない状況になったのではないかと考えられます。

たつき監督が無断で制作し、アップした短編アニメの存在

実は「けものフレンズ」にはアニメ本編以外にも短編アニメが存在する。

この短編以外にもコラボ企画で複数、作品はあるが、調べた情報の角川側に無断で作成した短編アニメはこれだと推測される。

コメントより情報提供いただきました!ただしくは、けものフレンズ12.1話ということでした。

 

この「無断で作成したアニメ」情報も正しいとは限らないが、たつき監督個人のツイートを見る限り、おそらく許可はとっていないだろう。

けものフレンズは正直なところ、監督から絵コンテなど、ほぼすべての作業を彼一人で担当している。

低予算すぎるアニメなのだ。

なので、作ろうと思えばすぐに彼一人で作品ができてしまうのである。

ここに角川サイドは問題だと感じた可能性がある。

 

個人的な感想であるが、正直、けものフレンズはたつき監督なしの作品だと成り立たないと感じている。

それを降板させるとすると、角川サイドからしてみると「勝手なことをするな」と思うのかもしれない。

たしかに、これで何か問題を起こして炎上してしまうことがあれば、現在制作されているであろう2期の売れ行きが大変なことになりかねない。

そういったリスクもあることから、降板させた可能性もある。

 

しかし、一部情報では「たつき監督はコミケで販売する同人誌にも角川の許可を取るほどの人物だ」という情報がある。

もしこれが本当のことであれば、この短編アニメも無断では作っていない可能性があり、謎が深まるばかりである。

 

また、角川とウマが合っていないとすると、それだけでも大手である角川からすると、降板理由になるのかもしれない。

確かに雇われる側ではなく、雇う側であれば合う合わないで仕事をある程度は進めることができる。

それが角川書店くらいの大手となれば、造作も無いだろう。

 

また、「もっと実績のあるアニメ監督に任せたい。」そう考えた可能性がある。しかし、アニメ、けものフレンズはたつき監督の人望もあり、人気コンテンツへと駆け上がっていった。という作品と言っても過言ではない。

それを考えていないとすると、今回の解任は相当な誤算だったと思う。

 

ただし、角川書店からの公式な発表はまだないので、監督交代はまだ無くなる可能性もある。たつき監督からすると、賭けにでているのかもしれない。

 

では、後任の監督は誰が担当するのだろうか?

正直な話、たつき監督を降板させるということは、今まで担当していたシナリオや絵コンテなどの作業を他のスタッフを雇って作る必要があるので、監督だけの話ではすまない。

スポンサードリンク

▶関連記事はこちら

もし記事が気にって頂けましたらシェアして頂けると嬉しいです!

2 件のコメント

    • >名無しさん
      コメントありがとうございます!
      今日、ニュースになりましたね!すぐに記事内容を修正します。
      情報ありがとうございました!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です