東京マラソン、初代ポカリガールは誰なのか?歴代ポカリガールまとめ

14

東京マラソン2017でオフィシャルドリンクを提供している大塚製薬が、今年も同社の主力商品である「ポカリスエット」を擬人化したようです。

今年は福島県出身の16歳、箭内夢菜さん(やない ゆめな)がイメージキャラクターとして起用されています。

 

箭内夢菜さん(やない ゆめな)は2代目ポカリガールとして起用されました。

そこで気になるのが、初代ポカリガールの存在。

気になる方も多いのではないでしょうか。その気になる声にお答えして、調べてきました。

 

ということで今回は、歴代東京マラソンのポカリガールにスポットを当てた記事にしたいと思います。

ポカリガールについてもご紹介していますので、ぜひ、最後まで読んでみてください。

東京マラソンのポカリガールとはいったい?歴代ポカリガール達との違いは?

14

まず、東京マラソンのイメージキャラクターとして起用されている、彼女たちと歴代ポカリガール達との違いを説明します。

「ポカリガール」という言葉は、知っている方も多いのではないでしょうか。

大塚製薬の主力商品である「ポカリスエット」のCMでお馴染みの彼女たちです。

 

歴代ポカリガールたちの中には、「綾瀬はるか」「深田恭子」「川口春奈」など、第一線で活躍している女優が数多く出演しています。

ポカリガールと聞くと、こちらを思い浮かべるひとがほとんどだと思います。

 

一方、今回選ばれたポカリガールは、東京マラソンでランナーの皆さんに「ポカリを配りながら応援する」というちょっと変わったキャンペーンガールです。

ネット上では、「ポカリスエットの擬人化」なんて親しまれ、今年も注目されています。

歴代ポカリガール達と東京マラソンのポカリガール達の違いがわかったところで、本題に移りたいと思います。

【東京マラソン】初代ポカリガールは誰なのか?

15

初代ポカリガールの名前は、天野菜月さん(あまの なづき)というようです。

2000年生まれのモデルさんで、初代ポカリガールに選ばれたときは、箭内夢菜さん(やない ゆめな)と同じく16歳の時でした。

出身は福岡県、趣味はバスケで、特技は持久走なんだとか。

東京マラソンのイメージキャラクターとしても人物像がマッチしています。

 

ちなみに、箭内さんも中学校時代には「機械体操」に取り組まれていたようで、ポカリガールに選ばれるためには、美しさはもちろんのこと、運動も得意であることが条件なのかもしれません。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は、東京マラソンオフィシャルドリンクである、ポカリスエットのイメージキャラクター「ポカリガール」についてご紹介しました。

東京マラソン2017では新コースが採用され、例年以上に盛り上がることでしょう。

みなさんもぜひ、参加されてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

  • “京都の紅葉2016”おすすめの時期や見ごろ、アクセスまとめ

スポンサードリンク

14

もしブログの内容を気にって頂けましたらRSSリーダー

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です