鶴ひろみの死因は?病気や持病の可能性や年齢、仕事量や本名も徹底調査!

スポンサードリンク

ちなみに彼女の本名についてここで少し紹介すると「靏 ひろみ(つる)」が本名のようだ。

漢字が難しいため、簡単な方のつるに変えてデビューしたのだと考えられる。

たしかに、漢字変換でもこの字を出すのは難しく、また、自身をもって読める人もすくないだろう。

 

少し話がそれたが、彼女は少しずつ体の異変に気がついていたのかもしれない。

「持病や病気にかかっていた」という情報は残念ながら見つかっていないが、それでも仕事量を少しずつ減らしていたということは、何らかの病気を患っていた可能性が高い。

 

報道によると、鶴ひろみさんを発見したときの状況は、路肩に車がハザードを付けて停車してあり、その車の中で彼女が意識を失っていたとある。

これを考えると「くも膜下出血」の可能性があるかもしれない。

また、心臓に関係する病気「心臓発作」なども考えられる。

ちなみに、くも膜下出血で亡くなっていた場合、病の前兆があるそうだ。

 

その前兆として現れるのが、

「頭痛」「視覚異常」「吐き気」などがおこるようだ。このくも膜下出血を発症するまでの期間は場合によるようで、正確なことは目安というものはないのかもしれない。

何れにせよ、その病の前兆に気づきにくく、この病気で亡くなる人も多い。とくに医学的な根拠はないが、多忙な生活をされている人はこういった病気を発症しやすいのではないだろうか。

生活リズムの乱れや不規則な生活、当然、食生活も外食が中心になっていることも多いだろう。

 

そうした生活を送っていることが病発症のトリガーになったのかもしれない。鶴ひろみさんが実際にどのような生活を送られていたかは分からないが、睡眠時間は確実に少なかっただろうと感じる。

では、彼女の年齢はいくつだったのだろうか。

彼女は1960年生まれであることから、今年で57歳だったようだ。

たしかに亡くなるには早すぎる年齢だと感じる。一般企業だと役職定年が大体55歳から56歳くらいにあることから、どれだけ若くして亡くなったのかが分かるだろう。

まとめ

いかがだっただろうか。今回は、人気声優である鶴ひろみさんについて記事を書いた。

正直、筆者も驚きを隠せないでいる。もうあの声が聞けなくなると考えると、ぐっとこみ上げるものがある。

この場をお借りして、ご冥福をお祈り申し上げます。

アイキャッチ画像の出典:festyより

スポンサードリンク

▶関連記事はこちら

もし記事が気にって頂けましたらシェアして頂けると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です