山田和樹の経歴やプロフィールから読み解く、のだめとの関係性とは?

スポンサードリンク

彼は「22歳にしてベートーヴェンの交響曲を全曲演奏した」などの逸話が残っているが、それを可能にしたのは、世界的指揮者である小林研一郎や松尾葉子の元で、学んだいたことも大きい。

彼の出身大学は、東京芸術大学音楽学部指揮科であるが、日本で最高峰とも言われている音楽家の名門校である。

山田和樹とのだめの関係性とは

山田和樹さんは、大人気漫画で実写ドラマ化もされた「のだめカンタービレ」の千秋先輩のモデルになったと言われている。

公式でそう、公言されているわけではないので、あくまで「似ている」「共通点が多い」ということから、ファンの間でそう、囁かれているようだ。

彼の経歴について調べてみると、まさ天才の二文字が浮かび上がる。

引用元:ウィキペディアより

これは、山田和樹さんのこれまでの経歴であるが、あの千秋真一を思い浮かべるほどの数多くの賞を獲得している。

同じ指揮者という舞台を選び、そして、その実力を世間にも認められている。

 

この経歴がファンの間で、「似ている」と囁かれ、千秋真一のモデルになったのではないかと噂させるのだ。

また山田さんは、2009年にブルゾン国際指揮者コンクールを優勝しているが、このコンクールは、のだめカンタービレの中では、プラティニ国際指揮者コンクールのモデルになってる言われている。

そして、千秋真一は作中で、学内の友人同士で作った”R☆Sオーケストラ”に所属しているが、山田さんも同じ様に「TOMATOフィルハーモニー管弦楽団」という芸大生有志で作られるオーケストラを在学中に結成している。

二人には、こうした共通点がある。

読者の皆さんは、どう感じただろうか。

まとめ

いかがだっただろうか。今回は、リアル千秋と囁かれる山田和樹さんについて、彼のプロフィール情報や経歴などから、その理由を読み解いていった。

ちなみに、リアル千秋と言われている人物は、山田さん以外にも複数人存在する。

どの人物も天才と称賛される人物ばかりだ。

あくまでファンの間で囁かれていることなので、その真相を知るのは、のだめの作者だけである。

アイキャッチ画像の出典元:チケットぴあより

スポンサードリンク

▶関連記事はこちら

もし記事が気にって頂けましたらシェアして頂けると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です