宜保愛子の正体とは?気になる予言や息子、生前の経歴などリサーチ!

スポンサードリンク

ちなみに生前、宜保愛子さんが残した予言があるようです。

その予言について少し触れてみることにしましょう。

宜保愛子(ぎぼ あいこ)の予言について

この宜保愛子さんの予言について調べてみると、どうやら予言の内容は「地震」に関係する予言だったようです。

内容をざっくりと解説すると「近い将来、東日本で大きな災害が起こり、3万人が亡くなってしまう。しかし、その後は復興を成功させる」というものだったようで、かなり予言内容がざっくりとしていると感じました。

この予言は生前の宜保愛子さんが言っていたものなので、おそらく30年くらい前におっしゃっていたのだと考えられます。

たしかに実際に東日本大震災が2011年の3月11日に発生していますが、「この予言が当たった」というにはすこし疑問でもあります。

 

当時は、マヤ文明だったり、ノストラダムスの大予言だったりと「人類滅亡ブーム」が巻き起こっていましたし、そういった影響があったのかもしれないですね。

宜保愛子さんの息子について

宜保愛子さんはお医者様の旦那さんがいらっしゃったようで、息子さんもお一人いらっしゃったようです。

しかし、当時、時の人となっていた人物が何一つとして家族関係についての情報が残っていないのは不思議だと感じました。

葬儀についても密葬を希望していたようだとも情報があり、プライベートについては謎に包まれています。

 

ご結婚はされていたのはおそらく本当だと思われますが、息子さんについては現状の情報源では確証がもてないので、不明ですね。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は、心霊ブームの火付け役ともなった人物「宜保愛子」さんについてご紹介しました。

幽霊はいるかもしれませんし、もしかするといないかもしれません。

信じるか信じないかは、あなた次第でしょう。

アイキャッチ画像の出典:ミドルエッジより

スポンサードリンク

▶関連記事はこちら

もし記事が気にって頂けましたらシェアして頂けると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です